2018年03月21日 アトムホーム宜野湾野球場

浦添vs辺土名

2018年春の大会 春季沖縄県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

初回で試合を決めた浦添



ホームランを放った黒島永(浦添)

  打者13人を送り一挙7得点でシード校への挑戦権を得た浦添だった

捕手で4番の黒島 永裕が光ったゲーム

 秋の新チームから一年生ながら捕手でクリーンアップを務めてきた黒島永裕。ひと冬越して4番に座り、最初の打席で見事なホームランを放った。

 浦添は1回の裏、先頭の宮城海翔が四球で出塁すると盗塁を決める。さらにパスボールの間に三塁を陥れた。2番城間界伸のライトを襲うタイムリー二塁打で先制。3番眞栄里大生にセンター前タイムリーが生まれると4番黒島 永裕の当たりはレフトスタンドへ。4人で4点を奪った浦添だが、その後の打者も、打ち気を沈めて冷静に四球を選ぶところに、対沖縄尚学戦を見据えたものを感じた。

 結局打者13人を送る猛攻で一挙7点を奪い初回でゲームを決めた浦添。「ダメ押し点を取れなかったイニングもあり、残念。」と上間監督は苦言を呈したが、これもシード校を撃破する目標のため。良かった点と修正すべき点を見つけたこと。初戦を突破出来たことはプラスだ。失うものはない。次回の沖縄尚学戦では思い切りの良いプレーで大物食いを果たして欲しいところだ。

高校野球の原点をみた辺土名高校

 一緒にゲームを観戦したある沖縄県高校野球連盟の先生がこう話した。「勝ち負けではなく、ゲームに参加出来るだけの部員が集まって大会に臨んでいる。高校野球の原点を見ているようです。」全くその通りだと僕も感じていた。1年前までは部員がたった1人しかおらず、参加すら叶わなかった辺土名。夏前、助け手として野球部以外の子供達が集まって久し振りに辺土名のユニフォームが帰ってきた。
 そして昨秋、32-0という大敗を喫するも部員たちは頑張り続けた。「10人のうち、約半数は他の部活との共有者。」と高良監督は教えてくれた。そんな中でついてきてくれた部員たち。3回にはセンター大城雷希が、地面スレスレの打球をスライディングで見事捕球。4回にも、難しい後方へのフライをショートの上地明斗がキャッチ。強風が吹いたこの日の悪コンディションの中、ひときわ光を放ったスーパープレー。10人でよく頑張った!

(文=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦添商vs南風原【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
浦添工vs沖縄水産【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
陽明、北部農林、嘉手納が3回戦進出!【選手権沖縄大会・5日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
首里、那覇国際、与勝が勝ち上がり!【選手権沖縄大会・3日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
読谷vs浦添工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
名護vs浦添【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
宜野湾vs浦添【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第423回 【沖縄展望】秋の沖縄をリードする学校は?群雄割拠の沖縄 いよいよ幕開け!【大会展望・総括コラム】
第384回 【沖縄大会総括】 波乱といわれた沖縄の夏を制したのは嘉手納!【大会展望・総括コラム】
浦添 【高校別データ】
辺士名 【高校別データ】
第65回沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る