2017年11月19日 コザしんきんスタジアム

沖縄尚学vs北山

2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

北山の意気を消沈させたソツの無い沖縄尚学の猛打



2年ぶり6度目の優勝を決めた沖縄尚学

 1年生大会決勝は、打撃力が高いチーム同士の決戦となった。準決勝までの3試合、チーム打率が.350を超えた北山と、チーム打率4割越えの沖縄尚学の一戦。戦前の予想では、打ち合いになるのかそれとも守りの凌ぎ合いになるのか。予想するのが難しいレベルの高さを見せてきた両雄の頂上決戦がコザしんきんスタジアムにて始まった。

 初回、沖縄尚学は二死から2つの四球とヒットで満塁と攻め立てプレッシャーをかける。ここはマウンドの北山・金城 洸汰が凌いだが、今までのようにはいかないぞ、との過度の思いがよぎってもおかしくないような攻撃だった。

 その裏、北山も二死から反撃する。クリーンアップの三連打が飛び出し先制点を奪う。初優勝へ向けて決して悪くないスタートだった。しかし、その流れを一気に変えてしまうのが、沖縄尚学の名門たる所以だ。

 2回、沖縄尚学は先頭打者が四球を選ぶと続く岡野 真翔にバントの指令が出る。失敗。だがその直後だった。快音を残し打球はセンター前へ。「カウントを考えてストライクを取りに来ると読んで」。一年生大会の指揮を執る伊志嶺 大吾監督の読みに岡野が応えた一打。これが北山野手の歯車を微妙に狂わせ、その後の大量点に繋がる効果的なヒットであった。

 9番・比嘉 大智に同点タイムリーが出ると一死後四球で満塁。そして3番・奥原 海斗がレフトを襲う痛烈な打球を放つ。ダイビングキャッチを試みたレフトだが届かず。誰もいないフィールドを転々とする間に、奥原が三塁を回って満塁ランニングホームラン。大きな5点が燦々と輝きながらボードに刻まれた。

 その後も沖縄尚学は手を緩めず、4回、5回、6回と中押し、ダメ押し点で14安打8得点。2年振り6度目の優勝を飾った。

 敗れた北山だが、予選から準決勝まで9試合負けなし。平良 拳太朗たちが成し遂げた4強の最高位を越える大きな勲章は、失せることはない。この自信と決勝での悔しさをバネに、さらなる飛躍を見せてくれることを楽しみに待っていたい。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南vs沖縄水産【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
北山vs知念【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
興南vs北山【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
決勝は沖縄水産vs興南!秋の県大会決勝と同じ顔合わせ!【春季沖縄県大会結果】 【ニュース - 高校野球関連】
沖縄水産vs普天間【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
興南、北山などがベスト4へ!【春季沖縄県大会結果】 【ニュース - 高校野球関連】
北山vs糸満【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第874回 目指すは高校通算50本塁打!名将・比嘉 公也も認めるすば抜けたポテンシャル 水谷留佳(沖縄尚学) 【2019年インタビュー】
第533回 名将・比嘉監督が今のチームに求めるものは自立 沖縄尚学【野球部訪問】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
第742回 レジェンドたちの始球式、ドラフト候補の競演など第100回甲子園は見所満載!【大会展望・総括コラム】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
第543回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】 【2017年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】
北山 【高校別データ】
第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る