2017年11月11日 コザしんきんスタジアム

名護vs浦添

2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

これぞ4番の仕事!城間の活躍が光った名護が僅差を制する



3打点と活躍した名護・城間

 3得点全てを叩き出した4番・城間 晧介(こうすけ)と、長山、上原の3名の活躍で、名護が8年振りの一年生中央大会初戦突破だ。

 名護は1回裏、一死から長山 竜斗と上原 瞬に連打が生まれる。ワイルドピッチで進塁後、城間のゴロの間に三走が生還した。3回、名護は二死無走者から上原が左中間を破る二塁打を放つと、続く城間がきっちりとセンター前へ運び追加点。さらに5回にも長山がヒットで出塁すると、ここでも城間がレフト線を襲うタイムリー二塁打。序盤の3得点全てに絡んだ長山、上原、そして城間の上位3人の活躍で試合を優位に進めた。

 投げては先発の大城 亮斗が7安打6奪三振完投。終盤の8,9回で4三振をマーク。打たせてとるピッチングの序盤と、ギアを変えた力強い終盤。投手としての能力が際立ってみえた。

 対する浦添も3回、二死から宮里 和樹、山本 璃空(りく)に連打が生まれる名護の大城 亮斗の前に後続が斬られる苦しい展開。しかし6回、二死二塁でベンチが動く。代打で送った與那嶺 颯人も期待に応えるライト前タイムリー。結果はこの1点のみに終わり敗れたが、終盤の7、8、9回と3イニング連続で先頭打者が出塁。得点には至らなかったがそこは課題として持ち帰ることが出来る。だが、ここが勝負所と踏んだ終盤ビハインドの苦しい場面で、チャンスメークが出来るチームだからこそ今後の期待は大きい。地区大会1位通過の自信と合わせ、先輩たちとともに向上した来春の浦添が楽しみだ。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
報徳学園前監督の永田氏が日大三島へ。大物監督が続々就任する東海地区の高校野球の勢力図はどうなる? 【ニュース - 高校野球関連】
ドラ1が6人も!昨年のU18日本代表の高校卒業後の進路は? 【ニュース - 高校野球関連】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第14回 逆襲を誓う沖縄尚学のキーマンは島袋皓平、崔哲瑋、與谷友希の逸材野手トリオだ!【沖縄の高校野球】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第7回 2019年沖縄の高校野球は『燃』えるような試合ばかり!漢字一文字で1年間を総括!【沖縄の高校野球】
知念vs沖縄工【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
名護vs向陽【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
浦添 【高校別データ】
名護 【高校別データ】
第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る