2017年09月23日 北谷公園野球場

読谷vs昭和薬大附

2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

二死無走者からの4点を得た読谷が試合を制した



金良(きんら)宗一郎(読谷)

 読谷は背番号11の東江辰郎が先発のマウンドへ上がったが、昭和薬大附の打者は落ち着いてボールを見極めていく。1番古堅功将(ふるげん・こうすけ)2番上地完和(かんと)が連続四球。3番の國吉諒次も3ボール1ストライク(結果は中飛)4番太田大隆(ひろたか)は2ストライクと追い込まれてからの3ボール(結果は三振)。自力に勝る読谷を相手に、こちら側の土俵で相撲を取るといった感じだ。2回と3回にも読谷・東江から四球を選んだ昭和薬大附は、4回からエースナンバーを背負う金良(きんら)宗一郎を引きずり出した。

 読谷・金良が7回までの4イニングで1安打ピッチングを続けるとその裏、打線がエースを援護する。二死から6番與久田尚(よくだ・なお)がライト前ヒットで出塁すると、四球を挟んで8番宮城幸平がレフト線を襲うタイムリー二塁打でついに均衡を破る。金良も四球を選ぶと前打席で三塁打を放っていた1番澤岻安紋(たくし・あもん)が2打席連続となる左中間への三塁打。走者一掃のこの3点打が決勝点となった。

 昭和薬大附は8回、一死満塁とすると5番新城光琉(ひかる)、7番上間大嗣(たいし)のタイムリーなどで1点差に詰め寄る見事な粘り。残念ながらあと1点が遠かったものの、初戦の小禄といい読谷といい格上のチームを相手に互角以上の戦いぶりを見せたのは称賛に値する。

 一方、課題が見つかりながらも勝利することが出来た読谷。次戦のシード沖縄尚学も本調子とはいかないだけに、金良のピッチングで知念、水谷といった左の強打者を抑えて14年ぶりの秋ベスト8を掴み取りたい。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
シード校以外にも注目!沖縄の春はどこが頂点に立つのか?【沖縄県大会展望】 【ニュース - コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第47回沖縄県高校野球部対抗競技会 総合優勝は興南高校! 【ニュース - その他】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
読谷vs浦添工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
昭和薬大附vs具志川【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
美里工vs読谷【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
読谷vs宮古工【沖縄県 2016年夏の大会 第98回選手権沖縄大会】
読谷vs与勝【沖縄県 2014年秋の大会 沖縄県秋季大会】
昭和薬大附 【高校別データ】
読谷 【高校別データ】
第67回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る