2017年09月11日 北谷公園野球場

宜野湾vs浦添

2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

状況判断と先を読む頭脳的なプレーを見せた東江健光



國仲裕太投手(宜野湾)

 0対0の6回裏だった。エラーと内野安打で無死一・二塁とピンチを招いたエースとチームを救ったのは、要である捕手・東江 健光だった。「祐太のストレートなら詰まらせられる。インコースを突いて三遊間への併殺打なら最高。バントでも三塁線へ転がるので、そこは祐太が処理してOK。」一死二・三塁としたい浦添はバントを試みるも、國仲祐太の素早い処理に三塁フォースアウト。次打者も同じく犠打をしたが、東江 健光の読みに陥るように、同じくピッチャーからサードへ転送されて得点することは叶わなかった。「あれは大きかった。」と、試合後の照屋監督もホッと胸をなでおろしただろう、宜野湾バッテリーの素晴らしい守りだった。

 宜野湾は初回、四球と犠打、ヒットで一死一・三塁のチャンスを得る。ここで4番眞喜志 隼聖(まきし・はやせ)が一塁線へスクイズを決めるが、三走が突っ込めない。「普段ならやらないプレー。それも含めて初戦ということで全体的に硬かった。」と指揮官も悔やむミスだった。中々硬さが取れない宜野湾打線。2回から6回までノーヒットと沈黙したままだった。

 7回、チーム2本目のヒットが生まれると8回、「流れを変えたくて。」と照屋監督は代打を送る。代打で送られた比嘉晃也が四球を選ぶと、一塁コーチャーを務めていた比嘉太一をピンチランナーへ。「好判断が生んだ素晴らしい走塁」。犠打で二塁へ進んでいた比嘉太一は、ワイルドピッチとはいえ、相手キャッチャーの側に転がるボールに躊躇することなく、三塁を陥れた。

「あとはキャプテンに任せたと。」スクイズではない。お前に任せた。その期待に西村 燿(よう)が応える。打球はセンター前へ弾み三走が生還した。

 その虎の子の1点を國仲 祐太が守りきる。最終回を三人で締め、6回と8回のピンチ以外は危なげなく、被安打4の完封勝利を収めた。

 敗れた浦添だが、國仲と互角のピッチングを見せた東 凌也(あずま・りょうや)をはじめ、セカンドの城間界伸(かいしん)、レフトの玉城功平らファインプレーが続出。日頃の鍛錬が生んだ美技であった。届かなかった1点の重みを胸に来春、さらに成長した姿を見せてもらいたいと願う。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
宜野湾vs昭和薬大附【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
2020年の沖縄県高校野球を占う 名将の采配と勢力図をズバリ予想! 【ニュース - コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
波乱が多かった沖縄の秋!来春以降も気になる学校を総括で振り返る! 【ニュース - コラム】
第986回 【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋【大会展望・総括コラム】
宜野湾vs具志川商【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第971回 部員13名で旋風起こす八重山農か?主砲が打率10割と大暴れの美里工か?【秋季沖縄県大会準々決勝 展望・後編】【大会展望・総括コラム】
浦添商vs南風原【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
宜野湾vs那覇工【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
浦添 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
第67回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る