2017年03月23日 北谷公園野球場

南部工vs本部

2017年春の大会 春季沖縄県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

史上3度目のタイブレークへ突入した好ゲーム。突き放した南部工が熱戦を制した

ホームランを放ち生還する和仁屋

 三者凡退に終わった初回だったが2回、先頭打者として打席に立った和仁屋 樹が4球目を振り上げると高々と上がった打球はレフトスタンドで跳ねた。エースで主砲の一撃に盛り上がる南部工は3回、二死三塁から2番嶺井 政明のタイムリーで2点目をもぎとった。追い上げる本部はその裏、一死二塁から1番金城 永遠のレフトオーバー二塁打で1点。その後満塁としてプレッシャーを与えると押し出しの死球で同点。さらにスクイズを決めて逆転に成功。続く4回にも、二死二塁として金城永遠の2打席連続となるタイムリーが生まれリードを広げた。

 中盤、膠着状態だったが8回、南部工は2本のヒットと相手のパスボールでツーアウトながら二、三塁とする。ここで代打で登場した主将南風原大輔がセンターオーバーの2点タイムリーで同点に。本部もその裏、二死一、二塁からみたび金城 永遠。打球はレフトの横を破る2点タイムリー二塁打となり突き放す。しかし9回、1番請舛 龍哉にタイムリー三塁打が飛び出す。2番嶺井 政明もレフト前へ運び同点に。両校ナインの、勝ちたいという気持ちが生む素晴らしい攻防は延長へ。12回でも決着がつかず、沖縄県高校野球連盟では2016の新人中央大会、同一年生大会に続く3度目のタイブレークへ入っていった。

 互いに1点ずつを取り合ったあとの14回。相手のエラーで南部工に2点が入る。その裏「ベンチと選手にサインの疎通が出来ないまま打ってしまった。ずっとやってきたことが、この土壇場で出せず負けるのは悔しい」と、本部宮城監督は振り返った。無死一、二塁から一死二、三塁へ、のはずだったが併殺打となり二死三塁。最後の打者も粘ったが、最後は和仁屋 樹が渾身の球で三振に斬りゲームセット。両校力を絞り出した熱戦を制した南部工が二回戦へ進出したが、本部の頑張りも、観ているもの全てが感動する素晴らしい戦いであった。

(文・写真=當山 雅通

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第47回沖縄県高校野球部対抗競技会 総合優勝は興南高校! 【ニュース - その他】
23安打の乱打戦を制した宜野湾が三回戦へ!二回戦2試合を徹底レポート!【秋季沖縄大会】 【ニュース - 高校野球関連】
南部工vs美里【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
北山vs南部工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
宮古vs本部【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
豊見城vs本部【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
本部vs中部商【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
第423回 【沖縄展望】秋の沖縄をリードする学校は?群雄割拠の沖縄 いよいよ幕開け!【大会展望・総括コラム】
第305回 【沖縄展望】どこが出場してもおかしくない群雄割拠の沖縄の夏がやってくる!【大会展望・総括コラム】
南部工 【高校別データ】
本部 【高校別データ】
第64回沖縄県高等学校野球春季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る