2016年11月20日 コザしんきんスタジアム

未来沖縄vs沖縄工

2016年 第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

14安打9得点!会心の勝利で初優勝を果たしたKBC学園未来沖縄

山城(未来沖縄)

 高野連に加盟して2年目のKBC学園未来沖縄が、一年生大会とはいえ公式戦初優勝を果たした。

 KBC学園未来沖縄は2回、四球と相手の二つのミスで労せずして同点に追い付く。続く3回にはトップの宮城 晴がセンター前ヒットで出塁。2番城間 孝太が技ありのバントヒットでチャンスを広げると宜保 翔のタイムリーで一気に逆転した。5回には2本のヒットで一、三塁として相手のエラーで加点。その後、山城 翔也のライト前2点タイムリーも飛び出し大量4点を加え試合を優位に進めた。

 投げては、1回戦から全てのイニングを投げ続けた新垣 龍希が9奪三振2失点の力投。この試合141球目、4試合通算516球目となる渾身の球で最後の打者をショートゴロに斬ると、マウンドに歓喜の輪が出来上がった。

 1番宮城が打率.474をマークすれば、宜保、下地 俊輝の3、4番で9打点。興南戦を除く3試合で二桁安打をマークした打線といい、投打で他のチームを圧倒したKBC学園未来沖縄に、嬉しい公式戦の優勝旗が渡された。

 敗れた沖縄工だったが、一年生中央大会出場が10年振り。さらに決勝進出が歴史ある同校野球部にとって初となるなど、こちらも今後の自信に繋がる素晴らしい戦い振りであった。最後の最後に上がいるということを、身をもって知ったことは大きな財産である。満足せず、悔しさを晴らすためさらなる飛躍を期待したい。

(文・写真=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
三連覇を狙った最後の夏は決勝で敗退 それでも「興南に来て、本当に良かったな」興南高校三年生座談会【後編】 【ニュース - コラム】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
「この夏一番良い試合だった」興南高校主力選手が語る沖縄大会決勝・沖縄尚学戦 【ニュース - コラム】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第923回 県内随一の戦力誇る沖縄水産が登場!潜在能力が高い沖縄工にも注目【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
明石商vs沖縄工【2019年 練習試合(交流試合)・春】
未来沖縄vs名護【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
未来沖縄vs小禄【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
美来工科vs未来沖縄【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
沖縄工 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
第41回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る