2015年09月19日 北谷公園野球場

前原vs糸満

2015年秋の大会 第65回沖縄県高等学校野球秋季大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

見応えのある素晴らしい試合を見せてくれた両軍ナイン!

決勝のホームを踏み、気合の雄たけびを上げる福原(前原)

 1回戦屈指の好カードはやはり、1点を争う展開となっていった。
先制したのは前原。3回、下位から二死二塁としてトップに返すと、高江洲翔の内野安打と四球で満塁。一番頼りになる平良 竜哉の前に走者を置く最高の形にした。ここで平良が期待に応えるタイムリーを放ち二者が生還。
「新人中央大会にも出場している糸満さんが力は上」と、何とか食いついていければ勝負になると踏んでいた大川監督とチームにとって、幸先良いスタートを切ることが出来た。

 対する糸満もさすがだ。先制された直後、去った夏のメンバーでも1番を務めていた大城翔太郎がドンピシャリのタイミングで振り抜いた打球は、打った瞬間にそれと分かるライトスタンドへのソロアーチ。これで鼓舞されたナインは、5回には四球とヒットで一、二塁として前原の先発山根 蓮太をノックアウト。ここで5番上良朋弘が、変わったばかりの高江洲の外角ストレートを弾き返して前半で同点に追いついた。

 その後は前原高江洲、糸満平安 常輝両右腕の好投でゼロがボードに並び続ける。そんな中、試合の勝敗を決定づけるスーパープレーが飛び出した。
9回裏、糸満は先頭の徳元ジンがセンター前ヒットで出塁すると、続く平安の打球は左中間へ。風がある難しい中、レフトの榮門飛雄馬(えいもん・ひゅうま)が飛び込みダイレクトキャッチ。後ろに逸らしてしたならもちろんサヨナラ。前にこぼしてしても、足のある糸満なら無死二、三塁となる場面だっただけに、大川監督も「あれは大きかったですね」と手放しで選手を褒めた。

 このプレーを良い流れに持っていきたい前原は延長10回、先頭の山根がヒットで出塁すると代走に福原海斗を起用。犠打で送りさらにワイルドピッチで三塁へ。その直後、高江洲がスクイズを決めて福原が生還。その裏を高江洲が締めて前原が好ゲームを制したのだった。

 勝敗を決めなければならないが、敗れた糸満も心技体すべてに素晴らしいチーム。どちらも負けて欲しくないと心の底から思う至高のゲームを見せてくれた両軍ナインに、温かい拍手を送りたい。

(文=當山 雅通

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!沖縄県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
北山vs糸満【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
美来工科vs前原【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
シード校以外にも注目!沖縄の春はどこが頂点に立つのか?【沖縄県大会展望】 【ニュース - コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第47回沖縄県高校野球部対抗競技会 総合優勝は興南高校! 【ニュース - その他】
第871回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【後編】~憧れの師との数奇な運命~ 【2019年インタビュー】
第870回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【前編】~具体的な目標を立て行動した学生時代~ 【2019年インタビュー】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
糸満vs美来工科【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
前原vs南風原【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
糸満vs那覇国際【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
糸満 【高校別データ】
前原 【高校別データ】
第65回沖縄県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る