2015年08月08日 北谷公園野球場

八重山vs小禄

2015年 第42回沖縄県高校野球新人中央大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

八重山が12安打を集めてコールド勝ち!

同点の犠飛を放つ八重山・川満拓

「力はある子たち。それが終盤に出たかな」と、八重山の仲里監督は振り返った。
1点を追う八重山は5回、四球に与那嶺 匡と伊志嶺 瑠希のヒットを絡めて満塁とチャンスを得ると、1番川満 拓也がきっちりとセンターへ犠牲フライを上げ同点に追い付いた。6回には一死から4番黒島 投真がヒットで出塁すると、これがなんと4者連続安打になり2点。さらにワイルドピッチで1点を加え小禄を引き離した。こうなると止まらない八重山打線は7回にも一死一、三塁として黒島にタイムリーツーベースが生まれる。なおも走者二、三塁として、この試合途中出場の喜友名 真矢がライト前へ弾き返し、三走に続き二塁走者までもが一気に生還し、コールド勝ちを収めた。

 5、6、7回の3イニングで11本もの安打をマークした強力打線だったが、仲里監督は「いやいや、4回までランナーを出せなかったですし、走塁もまだ甘いです」と、勝って兜の緒を締めることを忘れない。
「僕の目からみても、歴代の先輩たちに劣らない凄い能力を持っている。でもね、だからこそ常に基本練習に体力作りを指示していかないと」と、目線は既に秋の県大会へ、さらにはその先にある九州大会から選抜出場へと先を見据えていた。

 敗れた小禄だが、試合の入りと序盤までの展開はまずまずで選手たちの力量もあった。ストライクを集め過ぎて6回に連打を浴びることとなったことも今後の糧として、秋の大会に繋げて欲しい。

(文:當山 雅通)

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!沖縄県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
沖縄秋の陣!各ブロックごとに展望を占う! 【ニュース - コラム】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
未来沖縄が逆転勝利!一回戦2試合を徹底レポート!【沖縄1年生中央大会】 【ニュース - 高校野球関連】
未来沖縄vs小禄【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
八重山vs美里工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
北山vs八重山農林【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
美来工科vs八重山農林【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
八重山vs美里工【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
小禄 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
第42回沖縄県高等学校野球新人中央大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る