2010年07月10日 新大分球場

中津工・東vs佐伯鶴城

2010年夏の大会 第92回大分大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


阿部(中津工・東)


ラストサマー

 甲子園出場歴のある両校による大分開幕戦。今年度いっぱいで中津商と統合され、来春からは中津東として生まれ変わることが決まっている中津工にとっては、最後の選手権挑戦となる。過去に1983年、2000年と、2度にわたり夏の聖地の土を踏んだ強豪校にとっては、さぞかし感傷的な季節の到来だったに違いない。

同校OBで2000年夏の甲子園に監督として出場した今村太監督は「すごくプレッシャーを感じているし、背負っているものがある」と語った。この試合に至るまでの1年間が、実際の時間の経過以上に「長かった」ともいう。

しかし、プレーしている選手たちは、多少事情が違ったようだ。
主将の秦佳佑。
「最後の試合になるかもしれないという意識は、一瞬で消えました。いざ試合が始まれば、やはり目の前の試合に勝つことがすべてですから」。
 一方、エース右腕・安部佑一郎は次のように振り返った。

「“全力で悔いなく”という気持ちは当然ありました。集中して試合に臨めましたね。ただ、最後の夏が始まったというプレッシャーよりも、お客さんのたくさん入った開幕試合から来る緊張感のほうが上回っていました」。
 今村監督が言い聞かせてきた特別な思いは充分すぎるほど理解しているし、共有もしている。とてつもなく大きなものを背負い込んでのプレーボールではあったが、現場としてはセンチメンタルに浸っている余裕など、あるわけがない。それが監督と選手に通った素直な言い分だったのではないか。

昨秋は2番手投手に過ぎなかった安部が、小学校5年以来守ってきたエースの座を奪還すべく、当時のエースだった左腕の今吉大智に挑戦状を叩きつけたのがこの冬季間のこと。今吉が10キロ走ったと言えば100mでも1キロでも長く走り、今吉が○キロを○秒で走ったと言えばコンマ数秒を上回ろうとする。次第に安部の走行距離は伸び、足腰の強化にも繋がった。下半身に粘りが生まれたことによって、自ずと上半身の力が抜け、スムーズな体重移動が実現。フォームが固定されてきたことで球速が増すと、春には安部が背番号1を背負うこととなった。
現在の球速は136キロだというが、ストレートは球速表示以上の力感に溢れている。また、変化球も多彩だが、左打者へのツーシームがとくに有効的だ。

 安部は佐伯鶴城から10奪三振を奪った。うち空振りでのものが9つ。また、ふたつの三球三振を含め、5つが4球以内で仕留めたものである。勝負球もストレート、フォーク、ツーシームと完全に“上から目線”の投球を演じた。被安打はわずかに2。素晴らしいテンポ、なにより憧れだという三浦大輔(横浜)ばりの勝負度胸が光る。
2回戦の対戦相手は第1シードの明豊。全国クラスの強豪との対戦を前に、チームにリズムをもたらした安部の功績は、さすがにエースと呼ぶに相応しい。

 来春、中津工と統合する中津商は、部員10名ながらも147キロ右腕・奥村政稔の存在によって、今夏大分大会の“台風の目”とも呼ばれている。対戦相手だけではなく、ライバルの中津商にも負けるわけにはいかない。
感傷に浸るのは、全力で戦い抜いてからでも遅くはないのである。

(文=加来 慶祐




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
熊本・城南地区は秀岳館が優勝!大分は佐伯鶴城が13年ぶりV!<1年生大会の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
昨秋の九州王者・明豊も敗退 交流試合に出場する九州勢はすべて敗れる 【ニュース - 高校野球関連】
第21回 佐伯鶴城(大分) 「平成8年以来の甲子園を目指す!打ち勝つ打力をつける」【冬が僕らを強くする2020】
第48回 佐伯鶴城(大分)「津久見にリベンジを果たし、笑って終える夏にしたい!」【僕らの熱い夏2019】
第926回 選抜出場校の明豊と大分のマッチレースとか?!はたまた新勢力が台頭するのか?【大会展望・総括コラム】
第852回 明豊、大分の2トップに追いつけ!激戦が予想される九州予選大分大会の見所!【大会展望・総括コラム】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
明豊vs佐伯鶴城【大分県 2011年夏の大会 第93回大分大会】
佐伯鶴城 【高校別データ】
中津工 【高校別データ】
第92回大分県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大分県地域応援スポンサー

大分県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る