2018年04月30日 新発田市五十公野公園野球場

開志学園vs北越

2018年春の大会 第138回春季新潟県大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

開志学園強力打線が火をふき、シード校・北越をコールド撃破



高野心成(開志学園)

 鳥屋野運動公園野球場第2試合には、第3シードの北越が登場。近年めきめきと力を付けている開志学園との試合は2回戦屈指の好カードの呼び声が高く、球場にも多くの人が詰めかけた。試合は意外な形で決着した。

 北越片桐 蕗都(3年)、開志学園・川端一叶(3年)の両右腕で始まったこの試合。試合が動いたのは三回、北越は1番・清水心介(2年)、4番・小林 稜(3年)のツーベースなどで一挙4点を先制する。一方開志学園も、その裏、二死満塁のチャンスから、4番・前田 陸(3年)が右中間へ運び、2点を返す。開志学園は続く四回にも、北越2番手の幸田 大和(2年)から、6番・藤原人和(2年)がレフトスタンドへソロホームランを叩き込み、1点差に詰め寄る。一方の北越打線は、開志学園2番手・佐藤論和(3年)のリズムのいい投球にチャンスを作れない。

  

 迎えた六回、開志学園は先頭の代打・柏大誠(2年)がツーベースで出塁すると、二死後、8番・西川瑠斗(2年)のタイムリーで同点。さらに四球、1番・植松尚輝(3年)のヒットでチャンスを広げると、2番・大関秀(3年)のタイムリーで逆転。さらに3番・高野心成(2年)の走者一掃のタイムリースリーベースなどでこの回一挙7点。4対10とリードを6点に広げる。開志学園は八回にもエラーで出塁した打者を送りバントで進塁させ、3番・高野がレフトオーバーのツーベースで勝負あり。11対4、八回コールドで開志学園が第3シードの北越を敗って3回戦へ進出した。

(取材・写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明後日開幕!全国大会出場!「三冠」へ王手をかける 神戸弘陵女子硬式野球部【前編】 【ニュース - コラム】
第943回 窮地を脱して「三冠」へ王手をかける 神戸弘陵女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
中越、日本文理の2強に割って入るチームは現れるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第929回 中越、日本文理に割って入るチームは現れるか?過去のデータを紹介!【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
東京学館新潟vs新潟明訓【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
新潟vs加茂農林【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
日本文理vs新津南【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
星稜vs北越【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
北越vs日本ウェルネス筑北【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
開志学園 【高校別データ】
北越 【高校別データ】
第138回北信越地区高等学校野球新潟県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る