2018年04月30日 新発田市五十公野公園野球場

日本文理vs新津南

2018年春の大会 第138回春季新潟県大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨秋王者・日本文理、盤石のコールド発進



好投の新谷晴(日本文理)

 ゴールデンウイーク前半最終日は、一昨年秋から県内で負けのない日本文理が登場。新発田五十公野球場には、第1試合にも関わらず、入場に長蛇の列ができ、絶対王者の緒戦の注目度の高さをうかがわせる。

 日本文理は初回、新津南先発の佐藤匡哉(3年)を攻め、2番・長坂 陽(2年)がファールで粘って四球を選ぶと、この日4番に入った鈴木 裕太(3年)が初球をたたきレフトスタンドへ先制のツーランホームラン。二回にも、一死から3本のヒットで満塁のチャンス作ると、3連続四死球(押し出し)で3点を追加。リードを広げる。

 日本文理先発の鈴木は初回からエンジン全開。この日のMAX145km/hのストレートを武器に新津南打線を寄せ付けず、五回を無安打、1死球、7奪三振と完璧な投球。後続をリリーフ陣に任せる。6対0日本文理リードで迎えた六回、日本文理新津南2番手・内山諒(3年)を攻め、2点をあげると、七回にも1点を追加。投げては鈴木の後を受けた川野邊一輝(3年)、新谷 晴(3年)が、新津南打線を1安打に抑え、日本文理が10対0、七回コールドで緒戦を突破した。

エキサイティングプレーヤー



投打で活躍した鈴木裕太(日本文理)

鈴木 裕太(3年・投手・日本文理)

 これがプロ注目と呼ばれる選手の“本気”なのか。そう思うほど、鈴木 裕太は変わった。

 

 MAX140km/hを超えるストレートを武器に、1年春からベンチ入り。そのポテンシャルは誰もが認め、誰もが未来に期待したが、ケガや不調で思うような成長曲線を描けない。昨夏の甲子園では緒戦の先発を任されながら、不本意な投球のままマウンドを降り、そのまま登板機会がないまま甲子園を去った(3回戦は当時のエース・稲垣 豪人が1失点で完投。仙台育英に0対1で敗れる)

 

 だが、ここでの経験が鈴木を変える。
 先輩が抜け、チームの主力としての自覚とプロへの憧れが彼を動かした。投球フォームを改良し、新潟の長い冬を厳しいトレーニングで乗り越え、自身も「春の大会が楽しみ」と話すをほど充実した期間を過ごした。(詳細はインタビュー参照)

 

 迎えた春の緒戦、まずはバットで結果を出した。初回、二死一塁の場面、初球が高めに抜けると、その球を見逃さなかった。クッ、と一瞬タメを作り、バットを一閃。1球で仕留める集中力もさることながら、レフトスタンドへ運ぶパワーでも周りを驚かせた。

 

 そして、一番驚いたのは投球ではない。六回に回ってきた第4打席での走塁だ。四球で出た3番・先川大智(3年)を一塁に置いて、レフトへ強烈なヒットを放つ。レフトが打球の処理にもたついているのを見ると、ものすごい勢いで進塁。思いっきりのいいスライディングで二塁を陥れた。そこには、先輩たちに引っ張ってもらっていた昨年までの鈴木の姿はなかった。

 

 本業の投球はもちろん、バッターとしても4番という責任ある打順を任され、その中で投打ともに結果を出す。高い意識の中で自然と生まれた走塁。その姿を見ると、自然と文頭の言葉が思い浮かんだ。夏までに一体どれだけの進化を遂げるのか。ますます楽しみだ。

 

(取材・写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【新潟】五泉が9点差をひっくり返す大逆転劇で3回戦進出!<10日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【新潟】新潟明訓、今夏8強の関根学園らが勝利!<9日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第3回 高校野球を終えたキミたちへ 恩師からの手紙 ~日本文理キャプテン・平野貴史~【高校野球は空の色】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第954回 実力校・関東一、山梨学院らが登場!広島商vs岡山学芸館の隣県同士の対決にも注目!5日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
新津南 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
第138回北信越地区高等学校野球新潟県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る