2017年09月24日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

日本文理vs中越

2017年秋の大会 新潟県大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

両エースの熱投!わずかなチャンスをものにした日本文理、3季連続優勝!



9回を完投した新谷晴(日本文理)

 夏を思わせる強い日差しが照りつける中行われた、秋季県大会決勝は、今夏の決勝と同じカード。夏を制した王者日本文理は、鈴木崇監督を新たに迎えての初の公式戦で決勝進出。一方、夏に逆転で苦杯を飲んだ中越は、夏の大会に出場した経験豊富な選手を擁し、秋の頂を狙う。試合は、1点を争う好ゲームとなった。

 日本文理の先発は背番号1の左腕・新谷 晴(2年)。新谷は伸びのあるストレートと多彩な変化球、さらにコーナーを突く巧みな制球力で中越打線を寄せ付けない。一方、中越先発の背番号1・山本 雅樹(2年)も力強いストレートとキレ味鋭い変化球のコンビネーションで、日本文理打線をねじ伏せていく。三回までに、新谷は被安打1、奪三振7。一方、山本も被安打0、7奪三振と両エースが快投。スコアボードに0を刻んでいく。

 試合が動いたのは打順が二回り目に入った四回裏、日本文理はチーム初ヒットとなる4番・鈴木 裕太(2年)のヒットと2つの四球で二死満塁のチャンスを作ると、6番・佐藤旭(2年)がカウント3-2からファールで粘り、8球目を見て四球を選び、押し出しで先制。なおも大量得点のチャンスが続くが、中越・山本の粘りの投球を前に後続が打ち取られ追加点を奪えない。

 先制してもらった日本文理・新谷は、中盤以降、三振の数は減ったもののテンポのいい投球で中越打線に的を絞らせず、七回まで被安打3、無失点と圧巻のピッチング。すると七回裏、日本文理打線がここまで好投を続けて来た山本に襲いかかる。先頭の新谷がセンターオーバーのツーベースで出塁すると、送りバントで三塁にランナーを進め、7番・先川大智(2年)の打席で山本が何とワイルドピッチ。思わぬ形で追加点を奪う。さらにこのあと、二死一塁から9番・長坂 陽(1年)がライトオーバーのタイムリースリーベースでさらに1点を追加。3対0とリードを広げる。

 このまま日本文理が逃げ切るのかと思われた九回、中越が反撃する。この回先頭の1番・長岡 真男(2年)がショートエラーで二塁へ進塁すると、続く2番・小鷹 葵(2年)が左中間をやぶるタイムリーツーベースで1点を返す。なおも無死二塁。ここで事件が起きる。3番・坂井 翔太(2年)の打席で、新谷が投じた投球が坂井の足に当たるが、審判はこれを「よけていない」としてボールを宣告。この判定に納得いかない中越ベンチは、主審に事情を聞きに行くが、判定変わらずボールカウントが1つ増えて試合再開。

 結局、坂井は3-2からファールで粘るも見逃し三振に倒れ、一死二塁。続く4番・石井 太朗(2年)の打席で、新谷の投球を捕手・坂井元気(2年)が脇へそらす。二塁ランナーは果敢に三塁を狙うが、坂井の好送球で三塁タッチアウト。反撃ムードが断たれ、石井は見逃し三振に倒れゲームセット。日本文理・新谷、九回完投118球、11奪三振、中越・山本雅、七回126球、12奪三振(いずれも手元の集計)という両エースの好投が光る試合は、3対1で日本文理が勝利し、3季連続優勝を果たした。

(文・写真=町井 敬史)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昭和の時代に北関東で躍進した工業校にフォーカス!群馬・前橋工、栃木・宇都宮工の歩みに迫る 【ニュース - コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
山川穂高が怪物の片鱗を見せていた時代、雄星や筒香などが躍動していた! 【ニュース - コラム】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第954回 実力校・関東一、山梨学院らが登場!広島商vs岡山学芸館の隣県同士の対決にも注目!5日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第15回 日本文理高等学校(新潟)【2年ぶり10度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
中越vs三条【新潟県 2018年夏の大会 第100回選手権新潟大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
中越 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
第137回北信越地区高等学校野球新潟県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る