息詰まる背番号11の投手戦!一つのミスから思わぬ展開に…



山田叶夢(中越)

 準決勝第2試合は、新潟の高校野球をリードしてきた中越新潟明訓の2校が激突。試合は強豪校らしい緊迫した雰囲気の中、終盤試合が動いた。

 中越先発の背番号11・山田 叶夢(2年)は初回、新潟明訓打線を三者凡退におさえる上々の立ち上がり。タイミングの取りにくい投球フォームと、130km/h台中盤のストレートを武器に三回まで新潟明訓打線を無安打5三振と完璧に抑える。

 一方初回、新潟明訓先発・荘司 康誠(2年)に三者凡退に抑えられた中越打線は二回に二死から6番・山田、7番・小林 洸誠(1年)の連続ヒットでチャンスを作るも後続が打ち取られ、得点ならず。五回にも二本のヒットでランナーを出すも、新潟明訓・荘司の気迫のピッチングの前に得点を奪えない。

 荘司の好投に何とか応えたい新潟明訓打線だったが、中越・山田の好投の前に五回にようやく初ヒット。六回には、一死から1番・阿部 竜也(2年)、2番・堀井俊希(2年)の連続ヒットでランナーを出すもクリーンアップが倒れ、先制できない。

 0対0のまま迎えた七回、この回先頭の新潟明訓5番・若林拓(2年)が山田の投じた甘い直球を引っ張り、レフトフェンスを越える先制のソロホームラン。新潟明訓が待望の1点を先制する。反撃したい中越だったが、新潟明訓・荘司の角度のあるストレートと縦の変化球の前にその裏も抑えられてしまう。

 このまま荘司の完封かと思われた八回裏、先頭打者の死球、続く1番・長岡 真男(2年)のヒットで無死一、二塁のチャンスを向かえる。ここで2番・小鷹 葵(2年)の打球を新潟明訓セカンドがまさかの悪送球。意外な形で同点に追いつくと、なおも続くチャンスで、3番・坂井 翔太(2年)がスクイズ。新潟明訓内野陣の動揺を見逃さない、スキのない攻撃で中越が逆転に成功。

 山田は最終回、四球でランナーを出すも落ち着いて後続を打ち取りゲームセット。山田が被安打6、13奪三振で完投し、2対1で中越が勝利し、明日の決勝へ駒を進めた。

(文・写真=町井 敬史)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ