2017年09月23日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

新潟明訓vs中越

2017年秋の大会 新潟県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

息詰まる背番号11の投手戦!一つのミスから思わぬ展開に…



山田叶夢(中越)

 準決勝第2試合は、新潟の高校野球をリードしてきた中越新潟明訓の2校が激突。試合は強豪校らしい緊迫した雰囲気の中、終盤試合が動いた。

 中越先発の背番号11・山田 叶夢(2年)は初回、新潟明訓打線を三者凡退におさえる上々の立ち上がり。タイミングの取りにくい投球フォームと、130km/h台中盤のストレートを武器に三回まで新潟明訓打線を無安打5三振と完璧に抑える。

 一方初回、新潟明訓先発・荘司 康誠(2年)に三者凡退に抑えられた中越打線は二回に二死から6番・山田、7番・小林 洸誠(1年)の連続ヒットでチャンスを作るも後続が打ち取られ、得点ならず。五回にも二本のヒットでランナーを出すも、新潟明訓・荘司の気迫のピッチングの前に得点を奪えない。

 荘司の好投に何とか応えたい新潟明訓打線だったが、中越・山田の好投の前に五回にようやく初ヒット。六回には、一死から1番・阿部 竜也(2年)、2番・堀井俊希(2年)の連続ヒットでランナーを出すもクリーンアップが倒れ、先制できない。

 0対0のまま迎えた七回、この回先頭の新潟明訓5番・若林拓(2年)が山田の投じた甘い直球を引っ張り、レフトフェンスを越える先制のソロホームラン。新潟明訓が待望の1点を先制する。反撃したい中越だったが、新潟明訓・荘司の角度のあるストレートと縦の変化球の前にその裏も抑えられてしまう。

 このまま荘司の完封かと思われた八回裏、先頭打者の死球、続く1番・長岡 真男(2年)のヒットで無死一、二塁のチャンスを向かえる。ここで2番・小鷹 葵(2年)の打球を新潟明訓セカンドがまさかの悪送球。意外な形で同点に追いつくと、なおも続くチャンスで、3番・坂井 翔太(2年)がスクイズ。新潟明訓内野陣の動揺を見逃さない、スキのない攻撃で中越が逆転に成功。

 山田は最終回、四球でランナーを出すも落ち着いて後続を打ち取りゲームセット。山田が被安打6、13奪三振で完投し、2対1で中越が勝利し、明日の決勝へ駒を進めた。

(文・写真=町井 敬史)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【新潟】中越が日本文理下し2年ぶりの王座奪還!<6日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【新潟】決勝は連覇を狙う日本文理と18年Vの中越!<4日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第929回 中越、日本文理に割って入るチームは現れるか?過去のデータを紹介!【大会展望・総括コラム】
第18回 糸魚川(新潟)「『春季大会ベスト8』の結果に満足せずに糸魚川から甲子園へ」【僕らの熱い夏2019】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第519回 人間としてのバランス、全員力、一人の個性を大事に!目白研心(東京)【野球部訪問】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
中越vs三条【新潟県 2018年夏の大会 第100回選手権新潟大会】
関根学園vs中越【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
東京学館新潟vs新潟明訓【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
日本文理vs中越【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
中越 【高校別データ】
新潟明訓 【高校別データ】
第137回北信越地区高等学校野球新潟県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る