2016年05月03日 新潟市鳥屋野運動公園野球場

巻vs東京学館新潟

2016年春の大会 第134回春季新潟県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

巻完封リレーで、第3シード東京学館新潟撃破

小鷹樹(巻)

 鳥屋野球場で行われた第三試合には秋3位の東京学館新潟が登場。対するは実力校と目されながら、秋は緒戦敗退。臥薪嘗胆で冬場の練習に臨んてきた。二回戦屈指の好カードは、思わぬ大差で雌雄が決した。

  東京学館新潟山田 佳偉(3年)、小鷹 樹(3年)の両エースの投げ合いで始まったこの試合。上々の立ち上がりを見せた両投手だったが、三回、打線が 牙をむく。9番・安田 真輝(3年)のヒットを皮切りにチャンスを作ると、3番・関田 悠満(3年)がセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。なおも一死満塁とチャンスを広げるが、ここは山田が踏ん張り1点どまり。
だが、続く四回も下位打線がチャンスを作ると、1番・池田 龍哉(2年)、2番・鈴木 照正(3年)の連続タイムリーと、3番・関田のライトスタンドへ飛び込む2ランホームランで4点を追加。5対0と試合を優位に進める。
なんとかしたい東京学館新潟は、・小鷹に対し、ヒットでランナーを出すものの、後一本が出ず得点を奪えない。一方、は六回に1点、七回にも二番手・白井 亨(3年)からも1点を奪い7対0。最後はこの日猛打賞の関田がマウンドに上がり、一回を0封。七回コールドでが三回戦へ駒を進めた。

エキサイティングチーム 巻

 2年前の秋の大会でベスト4。その際、1年生(今の3年生)が多数出場していたことから、「」の時代が来るのではと目されていた。
ところが好事魔多し。経験も能力もある選手を多く擁しながら、ここ3大会、結果を出せずにいた。

 特にシード校として迎えた昨年春の大会、2回戦で苦杯をなめさせられたのが、東京学館新潟のエース・山田 佳偉。この試合、山田に完投を許し、1対5で敗れた。そして迎えたこの試合。昨年春と全く同じカードだが、立場は逆転。だが、挑戦者として向かうに怖いものはなかった。山田に対し、臆することなく積極的にバットを出し、五回までに8安打を浴びせ5得点。昨春に得点に繋がる三塁打を浴びた1番・今枝亮也(3年)もヒット1本に抑えた。まさに臥薪嘗胆の気持ちで厳しい冬の練習を耐えてきた結果と言えるだろう。
見事リベンジを果たしたの勢いはどこまで続くのか。

(写真・文=編集部)

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本文理、新潟明訓、長岡大手の初戦は?【新潟県大会秋季大会 南北支部 一次予選】 【ニュース - 高校野球関連】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
花巻東vs盛岡大附【岩手県 2018年夏の大会 第100回選手権岩手大会】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
日本文理、新潟、東京学館新潟、開志学園が二回戦を突破!4試合を徹底レポート!【新潟県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東京学館新潟vs新潟明訓【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第61回 北信越勢の意識も変えた09年夏、日本文理の準優勝で歴史も変わる【新潟県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第359回 【新潟抽選会後 展望】群雄割拠の新潟!日本文理などノーシードの強豪校の戦いに要注目!【大会展望・総括コラム】
第304回 【新潟展望】実力伯仲の新潟を制するのは?話題校、注目投手を一挙に紹介!【大会展望・総括コラム】
第272回 2016年の高校野球を占う【新潟編】「日本文理・村上桜ヶ丘の二強体制に待ったをかけるチームは?」【大会展望・総括コラム】
東京学館新潟 【高校別データ】
巻 【高校別データ】
第134回北信越地区高等学校野球新潟県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る