2014年09月27日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

日本文理vs巻

2014年秋の大会 新潟県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鮮やかな逆転劇で日本文理決勝進出!

八幡(日本文理)

 準決勝第二試合は、ここまで3季連続で決勝進出を果たしている日本文理が登場。2試合連続サヨナラ勝ちと勢いに乗るとの対戦は終盤までもつれる接戦となった。

 日本文理・川合、・長谷川の先発で始まったこの試合。二回、は二死からヒットと相手にエラーで一、二塁のチャンスを作ると、8番・小林佑(1年)がライト前にはこび、1点を先制。だが、日本文理はその裏、5番・捧(1年)のヒットとパスボールで3塁へランナーを進め、サードエラーで同点に追いつく。

 は直後の三回、ツーベースの1番・梨本(2年)を3番・長島大(2年)がヒットで返し、再び1点を勝ち越す。ここで日本文理は先発・川合を諦め、エース・八幡 竜(2年)へスイッチ。八幡は、後続を打ち取り、追加点を許さない。

 先発の長谷川はスライダーを武器にコースを丁寧につくピッチングで、ランナーは許すものの得点を与えない。一方日本文理・八幡も粘りのピッチング。両投手の好投で試合はそのまま終盤へ。

 八回、疲れの見え始めた長谷川は、この回先頭の3番・荒木 陵太(1年)に三遊間を破られると、盗塁と犠打で一死三塁のピンチを迎える。ここで日本文理5番・捧にセンター前に運ばれ、同点。さらにチャンスは広がり、二死三塁から、7番・多賀(2年)のセンター前ヒットで1点を勝ち越す。

 日本文理・八幡は九回も3人で退け、3対2で日本文理が逆転勝利。北信越大会出場と決勝進出を決めた。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
組み合わせ決定!星稜・日本文理の初戦は?【秋季北信越大会】 【ニュース - 高校野球関連】
【プロ志望届提出者ニュース】鈴木裕太(日本文理)、宜保 翔(未来沖縄)など16名が提出! 【ニュース - 高校野球関連】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
花巻東vs盛岡大附【岩手県 2018年夏の大会 第100回選手権岩手大会】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
第480回 日本文理【後編】悩み、学び、考える新潟の長い冬【野球部訪問】
第479回 日本文理【前編】大井イズムの継承、日本文理新チーム始動【野球部訪問】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
日本文理 【高校別データ】
巻 【高校別データ】
第131回北信越地区高等学校野球新潟県大会(秋季) 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る