【インタビュー】
夜勤バイトで現役復帰の資金調達 滋賀でNPB入りを目指す元甲子園のスター・植田拓【後編】

 盛岡大附(岩手)で2016年夏から3季連続で甲子園に出場し、4本塁打を放った植田 拓。身長165㎝と小柄ながら高校通算63本塁打のスラッガーとして、NPBのスカウトからも注目を浴びていた。

 卒業後はプロ志望届を提出せずに社会人のバイタルネットに進むも2年目で退社。昨年は四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツでプレーし、今年からはルートインBCリーグのオセアン滋賀ブラックスに活躍の場を移している。

 手首の手術や娘の誕生など、紆余曲折を経てNPB入りを目指している植田。高校時代から現在に至るまでの道のりや今季に懸ける想いを語ってもらった。

(続きを読む)

【目次】
[1]再スタートの資金調達のため夜勤バイトも
[2]家族の支えを糧に勝負の年に