【インタビュー】
通算19発のスラッガー・渡邉大和(高野山)がプロを目指すために「心」を磨く理由【後編】

 センバツ出場の市立和歌山や、名門の智辯和歌山に注目が集まる和歌山県の高校野球だが、高野山にもプロ注目の打者がいる。その名は渡邉 大和(3年)。高校通算19本塁打の強打者で、昨夏の独自大会では紀三井寺野球場の左翼席に特大の本塁打を放った。秋季大会には複数球団のNPBスカウトが視察に訪れており、自身も卒業後のプロ入りを視野に入れている。