【インタビュー】
筑豊生まれの左腕が掴んだ心の成長。福岡大大濠・毛利海大が選抜へ自信

 エースの三浦銀二投手を擁した2017年以来、4年ぶりの選抜甲子園出場を掴んだ福岡大大濠。その原動力となったのは、何と言っても左腕エースの毛利 海大だ。

 力感の無いないフォームから投げ込む最速140キロの直球を軸に、スライダーやカーブ、チェンジアップなど緩急をつけたピッチングが持ち味の毛利。九州地区大会1回戦の大分商戦で4安打1失点の完投勝利を挙げると、続く準々決勝の具志川商戦では5安打完封勝利。九州屈指の左腕として一気に脚光を浴びた。

 1年時は怪我もあり、山下 舜平大投手(オリックス)や山城 航太郎(法政大)といったハイレベルな投手陣の中でくすぶっていたが、秋季大会での好投で「すごく成長できた」と自信を見せる。