【インタビュー】
リアルすぎる『ドラフトキング』作者・クロマツテツロウ先生との特別対談!独立のドラフト事情を語る

 近年は多くのファンからも注目されるようになったドラフト会議。これまでに数々のドラマを生んできた野球界にとっての大きなイベントだが、このドラフトを題材に現在集英社のグランドジャンプで連載をしているのが、クロマツテツロウ先生の『ドラフトキング』である。

 現在単行本は7巻まで販売している人気漫画で、主人剛・郷原眼力(オーラ)をはじめ個性豊かなキャラクターがドラフト、スカウトをテーマにした物語が展開される。

 今回は、非常にリアリティーがあることでも有名な『ドラフトキング』の作者・クロマツ先生と、独立リーグ四国アイランドリーグプラスに所属する徳島インディゴソックスの球団スタッフが対談。ドラフトをテーマに様々なお話をしてもらった。