【インタビュー】
144キロ左腕・野崎慎裕(県立岐阜商) 目指すは世代NO.1左腕の称号

  名将・鍛治舎巧監督が母校の県立岐阜商に2018年より復帰すると、確実に力をつけていき、昨秋は2年連続で秋季東海大会の準優勝を飾る。今春の選抜の出場を決めており、2021年も見逃せないチームとなっている。

 そんな県立岐阜商のエースとして牽引するのがサウスポー・野崎 慎裕だ。身長172センチ体重72キロと少し小柄ではあるが、最速144キロを計測する真っすぐを軸に相手打者を圧倒する。1年生の春から公式戦デビューを果たしている逸材である野崎は、どんな野球人生を歩んできたのか。

 後編では1年生の夏以降の歩みを中心に振り返っていきたい。