2021年度高校生No.1右腕候補・小園健太(市立和歌山)が現在の投球スタイルに至るまで【前編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.02

小園健太(市立和歌山)に迫る!

【インタビュー】
「智辯和歌山撃破の要因となったピッチトンネル理論」世代No.1右腕候補・小園健太(市立和歌山)の進化【前編】

 最速152キロ。この数字だけでも惹かれるポテンシャルだが、加えてスプリットやツーシームなどの小さく動く変化球なども持ち合わせ、多くのメディアからは“世代No.1投手”の呼び声も高い市立和歌山小園 健太

 近畿大会では3試合22回を投げて自責点はわずか1点。21個の奪三振をマークするなど、チームをベスト4に導くピッチングで評判通りのピッチングを見せつけた。2021年のトップを走る小園はいかにして現在の地位までたどり着いたのか。

(続きを読む)

【関連記事】
下町の143キロ右腕・床枝魁斗(修徳)。早実戦で出た脆さを冬に克服できるか 【ニュース - インタビュー】
第1296回 下町の143キロ右腕・床枝魁斗(修徳)。早実戦で出た脆さを冬に克服できるか 【2020年インタビュー】
修徳中学のエッセンスを注入し、修徳が目指すは8年ぶりの甲子園【後編】 【ニュース - コラム】
第1060回 修徳中学のエッセンスを注入し、修徳が目指すは8年ぶりの甲子園【後編】【野球部訪問】
第1052回 もう一度緻密な「修徳野球」を。8年ぶりの夏の甲子園出場を狙う「0勝監督」の挑戦【前編】【野球部訪問】
早稲田実業vs修徳【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小岩vs修徳【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
修徳vs佼成学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
修徳vs日大一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
床枝 魁斗(修徳) 【選手名鑑】
修徳 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
楽天ドラ1・藤平とバッテリーを組んだ福永奨(横浜出身)が国学院大の主将に!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る