最速142キロを誇る185センチ大型中学生右腕・ハッブス大起(上尾シニア)「高校卒業までに155キロを出したい」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.30

ハッブス大起

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
一緒に故障と戦っていた仲間がいたからこそ復活することができた

 関東地区の中学野球で、大きな可能性を持った大型右腕として注目を集めているのが上尾シニアのハッブス大起(たいき)投手だ。アメリカ人の父を持つハッブス投手は、身長185センチ、体重80キロの中学生離れした体格から最速142キロの直球を投げ込み、また打者としても中学通算12本塁打を放つなど投打で高い能力を見せる。

「高校卒業までに155キロを出したい」と笑顔で語るハッブス投手の、これまでの成長や将来の目標を伺った。

(続きを読む)

【関連記事】
レギュラー呼びは禁句?創部43年の上尾シニアのチーム方針 【ニュース - コラム】
第115回 創部43年の歴史を持つ上尾シニア。魅力は均等な出場機会から生まれる選手の自主性【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1283回 投では最速142キロ、打では12本塁打のスーパー中学生・ハッブス大起(上尾シニア)の最大の武器は「陸上選手のようなバネの強さ」 【2020年インタビュー】
【動画】打っても通算12本塁打!怪物・ハッブス大起(上尾シニア)のブルペン投球がエグすぎた 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
太田龍(れいめい出身)の今季最終登板は1回7失点KO。数少ない巨人の社会人組投手は勝負の2年目へ
次の記事:
中京大中京にとっても慶應大にとっても久々のドラ1戦士・伊藤隼太(前阪神)の現役続行はなるか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る