■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
直球の回転数は2600回転。ロマン溢れる151キロ左腕・佐藤宏樹(慶応大)の復活はなるか

 日本の大学野球部でトップレベルの投手力を誇るのが慶應大だろう。今年、プロ志望届を提出した投手の1人・佐藤 宏樹だ。

 大館鳳鳴時代は2年秋に県大会ベスト4入りするなど県内で知られた存在だったが、全国では無名。その名が知られるようになったのは1年春にベンチ入りし、1年秋、最優秀防御率を獲得する速球派左腕へ成長。回転数2600を計測する高回転のストレートは空振りが奪え、最速151キロを計測。

 まだリーグ戦登板はないが、ロマン溢れる左腕として、この男の復活を待ち望んでいる野球関係者、野球ファンは数多い。そんな佐藤の歩みを追っていきたい。

(続きを読む)

ドラフト2020関連記事
最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年
世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)はなぜ圧倒的なピッチングをテーマにしているのか?
ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題