アグレッシブな投球に注目!森柊太(武蔵狭山ボーイズ)は将来性豊かな137キロ右腕

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.07


森柊太

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
アグレッシブな投球に注目!森柊太(武蔵狭山ボーイズ)は将来性豊かな137キロ右腕

 2018年の日本選手権大会で準優勝を果たすなど、ボーイズリーグの強豪として名を鳴らす武蔵狭山ボーイズ。今年の3年生は下級生から実績を積む選手が多く、大会でも期待が持てると飯野靖典監督は口にする。

 その中で投手陣の一角を担うのが、森柊太投手だ。最速137キロの切れのある直球だけでなく、多彩な変化球も持っており、何より攻める気持ちが非常に強い本格派右腕だ。体もまだ出来上がっていないため、将来性も非常に高く、これからの成長にも大きな期待が持てる。
 そんな森投手に、これまでの成長や高校野球の目標を伺った。

(続きを読む)


関連記事
通算20本塁打以上のスラッガー2名、二塁送球1.9秒台の強肩捕手など関東地区注目8名のスーパー中学生
須貝将希(武蔵狭山ボーイズ)を変えた監督の叱咤激励!成長の糧を得た二刀流プレーヤーに迫る
ボーイズ日本代表入り!永井龍樹(武蔵狭山ボーイズ)が思い描く理想のアーチストに迫る!

【関連記事】
第1209回 アグレッシブな投球に注目!森柊太(武蔵狭山ボーイズ)は将来性豊かな137キロ右腕 【2020年インタビュー】
打撃センスはチーム歴代No.1 山内教輔(武蔵狭山ボーイズ)の強みは試行錯誤ができる胆力 【ニュース - インタビュー】
第1205回 「打撃技術は歴代ナンバーワン」と指揮官も絶賛するスラッガー・山内教輔(武蔵狭山ボーイズ)の才能の高さを徹底解剖 【2020年インタビュー】
再開後の活躍に注目!注目の中学球児8名をピックアップ【関東地区編】 【ニュース - コラム】
第3回 中学通算20本塁打以上のスラッガー2名、スローイングタイム1.9秒台の強肩捕手など関東地区注目8名のスーパー中学生【中学野球逸材コラム】
第855回 攻撃型2番の申し子・新井流星(武蔵狭山ボーイズ)が身に付けた屈強なメンタリティー 【2018年インタビュー】
第854回 今宮健太を彷彿させるユーティリティ性!渡邊翔真(武蔵狭山ボーイズ)は高校でも投打の核を狙っていく 【2018年インタビュー】
第853回 「中村剛也選手のような長打力を」永井龍樹(武蔵狭山ボーイズ)が語った長距離打者としての矜持 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る