目指すは高校通算60本塁打。阪本和樹(松阪商)の本塁打量産をもたらした打撃技術論

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.25

阪本和樹(松阪商)※写真提供=松阪商野球部

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
目指すは高校通算60本塁打。阪本和樹(松阪商)の本塁打量産をもたらした打撃技術論

 今年の高校生野手では明石商来田 涼斗や、東海大相模西川 僚祐などスラッガーが揃っている。各地の独自大会でどのようなバッティングを見せるのか。注目が集まる。その中で高校通算58本塁打をマークしているのが松阪商阪本 和樹だ。

 松阪商では1年生の夏からベンチ入りを果たし、4番としてチームの打線の中心を担うスラッガーだ。そんな阪本に電話取材で話を聞かせていただき、ここまでの歩みや夏への意気込みを聞かせてもらった。

 前編では4番として活躍するまでを振り返ったが、今回は新チーム以降の阪本の成長を見ていく。

(続きを読む)

【目次】
[1]猛練習の中に質を求め、打撃開花
[2]個人では高校通算60本塁打。そして三重大会優勝を目指したい


関連記事
唐津商の坂本勇人は二塁送球1.85秒を誇る超高校級捕手。強肩強打を支える秘密とは
坂本勇人、市丸紘樹の強打者コンビで頂点へ。昨秋準V・唐津商(佐賀)の厳しい現実
全国の独自大会リスト一覧

【関連記事】
第118回 高校通算58本塁打のスラッガー、超高校級の「坂本勇人」、左腕ナンバーワン候補など「公立校」にいる逸材たち【高校野球コラム】
高校通算58本塁打のスラッガー、高校生ナンバーワン左腕など公立校注目10名の逸材たち 【ニュース - コラム】
第1191回 目指すは高校通算60本塁打。阪本和樹(松阪商)の本塁打量産をもたらした打撃技術論 【2020年インタビュー】
高校通算58本塁打のスラッガー!三重に現れた強打者・阪本和樹(松阪商)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1191回 三重に現れた高校通算58本塁打のスラッガー・阪本和樹(松阪商)はなぜ本塁打を量産できるようになったのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第846回 昨夏代表・白山、剛腕岡林を擁しリードする菰野、三重の有力校を紹介!【三重県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第742回 レジェンドたちの始球式、ドラフト候補の競演など第100回甲子園は見所満載!【大会展望・総括コラム】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
宇治山田商vs松阪商【三重県 2012年秋の大会 平成24年秋季三重県大会】
阪本 和樹(松阪商) 【選手名鑑】
松阪商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「大野松山商」初陣!松山東との同門対決を制す!【練習試合】
次の記事:
戸郷、山下、万波、宜保…2018年のドラフト下位指名の高卒組は期待の有望株揃い!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る