勝負の3年目を迎えた独立出身右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 苦楽を知った2年間を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.18

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】

 オリックス・山本 由伸都城出身)、西武・今井 達也作新学院出身)など楽しみな投手が揃う1998年世代。その中で独立リーグを経由してプロ入りしたのが伊藤 翔横芝敬愛出身)だ。

 高校時代は横芝敬愛で3年間プレーするも、最高成績は2年生の夏の千葉大会の4回戦。甲子園に進めぬまま高校野球を終えたが、卒業後に進んだ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで才能を開花。

 先発ローテーションの一角として1年間活躍し、独立日本一を経験。2017年のドラフトで埼玉西武ライオンズに3位指名を受けて、晴れてプロ入りすると、1年目から1軍デビューを果たし、中継ぎとしてチームの優勝に貢献した。

 しかし2年目はプロの壁にぶつかり、勝負の3年目となる。苦楽を知った20歳の右腕の今に迫った。

(続きを読む)

【目次】
[1]危機感をもって始まり、優勝を経験して終えたプロ1年目
[2]スタートで出遅れ、苦しさを味わった2年目



関連記事
吉田正尚、今永昇太ら侍ジャパンの主力も輩出!15人指名の93年世代ドラ1の現在地/a>
【動画】オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃論がタメになる!!若き大砲の打撃練習も見逃すな
吉田 正尚(敦賀気比ーオリックス)が語った「自分で見つけたスイングが一番強い」という言葉の意味とは?

【関連記事】
【動画】埼玉西武・伊藤翔(横芝敬愛出身)が一軍昇格!二軍戦防御率0.90の実力を発揮できるか? 【ニュース - 高校野球関連】
岸潤一郎(明徳義塾出身)がプロ初打席!右飛も初球からフルスイング!! 【ニュース - 高校野球関連】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第3回 これぞ球史に残る一戦! 東京 2019年ベストゲームは名門校同士の一戦!【東京の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
横芝敬愛vs東金商【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
横芝敬愛vs山村国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
稲毛vs横芝敬愛【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会】
千葉黎明vs横芝敬愛【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
銚子商vs横芝敬愛【千葉県 2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会】
伊藤 翔(金沢桜丘) 【選手名鑑】
伊藤 翔(横芝敬愛) 【選手名鑑】
伊藤 翔(日大三) 【選手名鑑】
伊藤 翔(佐野日大) 【選手名鑑】
横芝敬愛 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
石川昂弥(東邦出身)、遠藤成(東海大相模出身)が揃ってホームラン。打撃フォームから見る2人の成長
次の記事:
小園海斗、甲斐野央ら2年間でドラ1を7人輩出!兵庫県勢が凄い!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る