球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.13

インタビューを受ける外崎修汰選手

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方

 パ・リーグ3連覇の期待がかかる埼玉西武ライオンズ。2年連続ホームラン王に輝いた山川穂高をはじめとした強力打線で、パ・リーグトップのチーム打率.265、718打点をマークした。

 その打線の一角を担い、ユーティリティープレーヤーとして侍ジャパンにも選出されているのが外崎修汰(弘前実出身)だ。富士大学から西武に入団し、2019年シーズンは全試合に出場。自身最多となる26本塁打はパ・リーグの本塁打ランキングでは10位に入る成績と、プロ6年目の今シーズンはさらなる活躍が期待される。

 NPBで1シーズン25本塁打以上は、まさにスラッガーと形容するに相応しい数字である。外崎自身、アマチュア時代、プロ入り後を振り返った時、そういう選手になる予感は全くなかったという。
 ではいかにして、球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」へ成長を遂げたのか。

(続きを読む)

【目次】
[1]プロ入り後に挑戦した外野手でも順応が出来たワケ
[2]外崎流・右方向へのバッティングの極意


関連記事
「アップルパンチ」外崎修汰や種市篤暉は青森県2強「以外」の高校出身者
【動画】「山川さんの存在が一番のきっかけ」埼玉西武・外崎修汰(弘前実業出身)が明かすプロ志望の理由
なぜ西武打線は打ちまくっているのか 過去の言葉から紐解く「山賊たち」の強さ

【関連記事】
覚醒の時が来た?今井達也(作新学院出身)がダルビッシュを彷彿とさせるフォームでブレークするか 【ニュース - 高校野球関連】
第1134回 球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方 【2020年インタビュー】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
第7回 「打のチームとしての伝統を受け継いで欲しい」スポーツライター・小関順二さんが埼玉西武ライオンズのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第86回 平良 海馬(埼玉西武ライオンズ・投手) 最速156キロの原動力は八重山商工時代の猛練習【高校野球コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第58回 源田壮亮「自分の長所を知り伸ばし続けた守備の道」【恩師が語るヒーローの高校時代】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座

コメントを投稿する

前の記事:
清水優心、富山凌雅に期待!2014年夏に甲子園出場を果たした九州国際大付ナインのその後を紹介
次の記事:
11年ぶりにDeNAの開幕戦オーダーから横浜高OBが消える?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る