■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
少人数の野球部から軟式の日本代表へ。強豪私学が恐れる好投手・清水 惇(安中総合)の軌跡【前編】

 今年の群馬県も健大高崎桐生第一といった強豪私学が注目される。その強豪私学が恐れる投手がいる。それが安中総合清水 惇だ。中学時代は少人数の野球部ながら選抜チームで好投を重ね、中学軟式の日本代表に選ばれた実績を持つ。
 172センチと小柄ながら140キロ台の速球とキレのあるスライダーを武器にする好投手は群馬県でもそうはいない。そんな清水の成長の軌跡を知るべく、電話取材を行った。

(続きを読む)

【目次】
[1]貴重な経験となった軟式の日本代表
[2]安中総合進学の決め手は主将だった兄の存在


関連記事
軟式U-15代表経験者・清水惇擁する安中総合。チームカラーを出しながら、再開向けて準備続ける
不安は大会が出来るかどうか。秋16強・安中総合は再開まで選手主導で焦らず待つ
スタメン選手のほとんどが柵越えを経験!安中総合の打撃力に注目(群馬)