古豪復活の鍵を握る常軒海里(小倉工)“高校通算24本塁打”だけじゃない、その魅力とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.11

常軒海里(小倉工)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
古豪復活の鍵を握る常軒海里(小倉工) その魅力は“高校通算24本塁打”だけじゃない

 近年、古語復活の気配を見せる小倉工。高校通算42本塁打の主砲・久木田 和志と共に、今年のチームを引っ張っているのが、主将の常軒海里だ。

 俊足と堅守に加えて高校通算24本塁打の長打力も兼ね備える常軒は、3番・遊撃手を任されるまさにチームの核となる選手だ。
 主将として、打線の軸として、53年ぶりの聖地を目指す常軒に、これまでの歩みと夏への意気込みを伺った。

(続きを読む)

【目次】
[1]打撃を開花させたノーステップ打法
[2]主将として創部100周年の節目の年に甲子園へ

関連記事
高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ
緻密な「ノーサイン野球」で古豪復活の狼煙をあげる 小倉工(福岡)
柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)

【関連記事】
第1138回 古豪復活の鍵を握る強打の遊撃手・常軒海里(小倉工) その魅力は“高校通算24本塁打”だけじゃない 【2020年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
超効率的な練習ばかり!興南の守備練習の極意に迫る!
次の記事:
3安打マークの中川圭太(PL学園出身)。2番打者として大成なるか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る