「仕方ないでは済まされない」野村 克也氏に洗練された宮本 慎也が語るプロの世界

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.12

▲宮本 慎也氏

■高校野球ドットコム 独占インタビュー 
宮本 慎也氏 (元・東京ヤクルトスワローズ)【前編】
「走る意欲は大きなアドバンテージになる」

 現役時代、遊撃手として6度、三塁手として4度ゴールデングラブ賞を受賞。打ってもシュアな打撃で、大学・社会人を経由しながらも通算2千本安打(2133安打)を達成した元東京ヤクルトの宮本 慎也氏。常に次の塁を狙う積極的な走塁でもチームに貢献した。PL学園高時代は2年夏に全国制覇を経験し、同志社大、プリンスホテルでも中心選手として活躍と、アマチュア時代の経歴も華やかだ。

 そんな宮本氏に、走塁に関するご自身の経験や、球児へのアドバイスなど、じっくり語っていただきました。(続きを読む)

 

【目次】
[1]“仕方ない”では済まされなかったプロの世界
[2]偽装スタートの積み重ねが勝敗を分けることも

【関連記事】
セ・リーグ防御率10位以内の軟式比率は?中学軟式野球部出身選手は何人いる? 【ニュース - 高校野球関連】
奥川恭伸は4月に二軍戦で登板も! 近年のヤクルト高卒投手で1年目から一軍登板を果たしたのは? 【ニュース - 高校野球関連】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1回 智辯和歌山 名誉監督・高嶋仁氏 ×PL学園元監督 中村順司氏 「練習時間の短縮化」と「野球人口減少」を名将たちはどう考えるのか?【変わりゆく高校野球】
第9回 球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限【球数制限問題】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第4回 「とにかく投手の補強を!」スポーツライター・小関順二さんが東京ヤクルトスワローズのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs上宮太子【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
大阪桐蔭vsPL学園【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
館山昌平、復活への道
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
八尾、近大付が勝利!12日の結果をトーナメント表でチェック!【大阪大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る