総合力高き142キロ右腕、報徳学園のエース・坂口翔颯の目指す姿とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.12

坂口 翔颯(報徳学園)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー 
報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ

 秋季兵庫県大会で優勝を飾った報徳学園。決勝では、2季連続で甲子園ベスト4入りを果たした明石商を5対1と力で押さえ込み、6年ぶり13度目の栄冠を手にした。

 優勝の原動力となったのは、間違いなくエースの坂口 翔颯だ。今回はそんな坂口に、これまでの歩みや秋季大会での成長、そして夏に向けた取り組みを伺った。近畿地区を代表する、好投手に迫っていく。

(続きを読む)

【目次】
[1]変化球の投げ込みを一部制止されて直球の威力が向上
[2]更なるスケールアップと投球にも幅を

関連記事
◆他のインタビュー記事を読んでみる
今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器
「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問

【関連記事】
第1100回 ポテンシャル抜群の大型外野手・山地裕輔が天理の4番で座り続ける理由 【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
石川昂弥が沖縄電力戦で適時二塁打!高卒新人離れした打撃技術と「見下ろしマインド」が好結果を生む 【ニュース - 高校野球関連】
近畿大会打率.688!核弾頭・下林源太(天理)の成長の原点はフルスイングにあった 【ニュース - インタビュー】
第1111回 センバツ出場を呼び込んだ強打の核弾頭・下林源太(天理)が語る「フルスイング」のメリット 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1005回 夏の準決勝敗退から始まった神宮大会優勝 日本一を狙う中京大中京の課題は【野球部訪問】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
坂口 翔颯(報徳学園) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
2019年甲子園のスピード王は奥川恭伸!夏の甲子園140キロ超え投手一覧
次の記事:
井上広大がプロ相手から初本塁打!ステップアップが順調すぎる!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る