埼玉西武ドラフト7位・上間永遠が独立リーグ最短1年でプロ入りを果たしたワケ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.06

上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー 
上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦

 2019年、ドラフト7位指名を受けた上間 永遠。柳ヶ浦高校時代は県内屈指の大型右腕として決勝進出。そして徳島インディゴソックスでは高卒1年目ながら最優秀防御率を獲得。

 球団では伊藤 翔横芝敬愛-埼玉西武)以来となる高卒1年目からNPB入りを果たした。19歳という若さがあるとはいえ、最速は148キロ。数多いドラフト指名された投手の中でも突出した球速ではない。しかし話を聞いていくと、上間が高卒1年目で指名を受けた理由が見えてきた。

(続きを読む)

【目次】
[1]徳島の環境は理想的だった
[2]8球団のスカウトの前で快投!

関連記事
秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」
NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!
徳島の地に踏み出したロマンあふれる大型右腕 森祐樹(徳島インディゴソックス)

【関連記事】
初実戦大勝の徳島インディゴソックスは多くのドラフト候補が活躍!! 【ニュース - 高校野球関連】
ドラフト候補・戸田懐生(徳島インディゴソックス)が8者連続三振含む3回9奪三振の快投! 【ニュース - 高校野球関連】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第7回 「打のチームとしての伝統を受け継いで欲しい」スポーツライター・小関順二さんが埼玉西武ライオンズのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
三重総合vs柳ヶ浦【大分県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球大分大会】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
上間 永遠(柳ヶ浦) 【選手名鑑】
柳ヶ浦 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
地区予選終了!川越東、ふじみ野が県大会出場決定!【17日の結果・埼玉県地区予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る