吉田 正尚(敦賀気比ーオリックス)が語った「自分で見つけたスイングが一番強い」という言葉の意味とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.30

吉田正尚選手

■高校野球ドットコム 独占インタビュー 
吉田正尚選手(オリックスバッファローズ)前編「自分で見つけたスイングが一番強い」

 身長はプロ野球選手としては小柄な部類に入る173センチながら、豪快なフルスイングから放たれる飛距離満点のホームランで野球ファンを魅了するオリックス・吉田 正尚選手。プロ5年目を迎える若き和製大砲に「ホームラン」のテーマをぶつけた2017年のインタビューを今回は再び紹介したい。(記事掲載日:2017年12月7日)

(続きを読む)

【目次】
[1]重いバットを振り続けた日々がスイングの土台を築いてくれた
[2]受け身の姿勢から本物の打撃は生まれない
[3]ホームランはベストスイングの延長線上にある

関連記事はこちらから!
◆他のインタビュー記事を読んでみる
◆恩師が語った敦賀気比時代の吉田正尚⇒高校時代は「自分で考える子」だった
◆2017年インタビューの後編を読む⇒「身体が小さくてもホームランは追求できる」

【関連記事】
サインが複雑!オリックスのドラ1の宮城大弥が感じた「プロ」と「高校」の違い 【ニュース - 高校野球関連】
プロ5年目を迎えるオリックス・吉田凌の現在地。鍵を握るのは「スライダーを活かすボール」 【ニュース - 高校野球関連】
第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第632回 お前たちが変わるために俺が動いた 元プロ監督の挑戦  東大阪大柏原【前編】【野球部訪問】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第738回 ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルト)「ホームランを打つにはバックスピンをかけることが大切」 【2018年インタビュー】
第733回 ブランドン・レアード(北海道日本ハムファイターズ)「いつでもポジティブに!夢を信じて突き進め!」 【2018年インタビュー】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
日大三(東京)vs敦賀気比(北信越)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
敦賀気比(北信越)vs花咲徳栄(関東)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
敦賀気比(北信越)vs天理(近畿)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
【動画】ドラフト候補2人を擁する明石商 大人気動画を3本をピックアップ!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る