中日3位・岡野祐一郎(東芝)が語った控えからアマチュアの名門を渡り歩いた軌跡

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.30

岡野祐一郎(東芝)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー 
控えからアマチュアの名門を渡り歩きプロの舞台へ!岡野祐一郎(東芝)

 聖光学院時代は甲子園に2度出場し、夏の甲子園の後はU-18代表にも選出。青山学院大進学後もエースとして活躍し、東芝でも1年目から主戦としてチームを牽引。そして2019年のドラフトで中日に3位指名を受けて、2月のキャンプから1軍スタートとなった岡野 祐一郎投手。

 今回はそんな岡野投手の2018年のインタビューを再掲載。聖光学院への進学理由や学生野球時代の練習、そして当時抱いていた理想の投手像を紹介します。(記事掲載日:2018年10月17日)

(続きを読む)

【目次】
[1]中学時代は控えも自ら名門校の門を叩く
[2]「心技体」すべてにおいて大きな成長を遂げた大学時代
[3]社会人での飛躍とプロへ意気込み

関連記事
センバツに出場する32校の一覧
◆大阪桐蔭の西谷監督に対戦したいと言われた山本拓実(中日)の高校時代⇒気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた
◆中日ドラフト4位・郡司裕也の魅力に迫る⇒思考力、打撃力、守備力で高次元!正捕手の座を掴めるか?

【関連記事】
ロッテ2位ルーキーの佐藤 都志也らが出場!2014年夏8強入りを果たした聖光学院ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
オリックス・山本由伸が圧巻投球!宮崎県の高校出身者の中位・下位指名選手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第15回 夏13連覇中!福島の強豪・聖光学院の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1050回 投手人生スタートは高校から。社会人屈指の速球派・宮川哲(東芝)が154キロ右腕になるまで【前編】 【2019年インタビュー】
第1051回 宮川哲の魅力は150キロ超えの速球だけではない。高速カーブなど変化球を投げるポイントを解説!【後編】 【2019年インタビュー】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語るバッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
第23回 第25回IBAF 18U世界野球選手権大会に出場した「2012年・大谷世代」のその後【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
海星vs聖光学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第955回 八戸学院光星vs智辯学園の一戦に要注目!大会7日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第777回 控えからアマチュアの名門を渡り歩きプロの舞台へ!岡野祐一郎(東芝) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
東海大相模vs聖光学院【第90回記念選抜高等学校野球大会】
聖光学院vs東筑【第90回記念選抜高等学校野球大会】
聖光学院vs広島国際学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
岡野 祐一郎(聖光学院) 【選手名鑑】
聖光学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
12試合20本塁打で近畿王者となった天理の課題は評判に見合う真の実力を身につけること
次の記事:
ドラフト3、4位評価から「20年に1人」と言われるまで。急成長遂げた松坂大輔の春夏連覇の偉業を振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る