井上広輝(日大三-西武)はドラフト6位でも成功の可能性を秘めた大器!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.27

井上広輝(日大三-西武)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー 
ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた

 2019年の高校生右腕は奥川 恭伸星稜)、佐々木 朗希大船渡)が注目を浴びた年だった。そしてそれ以外にも多くの高校生投手が高卒ドラフト1位されたが、同等の潜在能力を秘めた投手がドラフト6位にいる。

 それが埼玉西武6位の井上 広輝だ。2年時、春夏連続甲子園出場。2年冬は東京選抜に選ばれ、キューバのU18代表相手に圧巻の投球を見せた。しかし最終学年は思うような投球ができずに夏は準々決勝敗退で夏を終えた。井上はどんな思いで過ごしてきたのか。そしてプロへの決意を聞いた。

(インタビューを読む)

【目次】
[1]2年春、夏の甲子園の快投が高卒プロを意識するようになった
[2]背番号「41」を背負い、球界を代表する投手を実現する!

【関連記事】
【西東京大会展望】注目カードが目白押し!西東京大会の展望を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
本日、東京都独自大会抽選会!早実、日大三、帝京など過去3年の初戦は苦戦が多い!? 【ニュース - 高校野球関連】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第8回 甲子園3試合連続本塁打を放った原島正光さん(日大三出身)はなぜ大学進学を選んだのか。vol3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
井上 広輝(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
豊島、完封勝利!雨天により22試合が順延へ【春季大阪府大会・9日の結果】
次の記事:
優勝狙う中京大中京が最多輩出 センバツ出場校出身の現役NPBプレーヤーは?【東海地区】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る