敦賀気比の全国制覇の立役者・篠原涼(現・筑波大)の高校時代。志の高さが群を抜いていた

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.25

篠原 涼選手(筑波大学)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー 
敦賀気比-筑波大学 篠原 涼選手【前編】
「甲子園に出るまでには地元に帰らないと決めた1年春」

 2015年の選抜初優勝の敦賀気比。福井県勢の初優勝をもたらし、大きな話題となった。そんな敦賀気比を引っ張ったのが筑波大4年の篠原涼だった。篠原の高校時代を振り返ると、ここまで志が高い選手はそうはいない。多くのプレイヤーに参考になるはずだ。

(インタビューを読む)


【目次】
[1]まずは上級生との勝負に勝つことがスタートだった
[2]前チームよりも厳しい雰囲気にしなければ全国制覇はできない

【関連記事】
石川昂弥は高水準キープ!森敬斗、田部隼人のDeNA遊撃コンビが躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
森下暢仁がプロ初勝利! U-18日本代表時のメンバーは誰がいた? 【ニュース - 高校野球関連】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
木更津総合vs敦賀気比【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
篠原 涼(敦賀気比) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【愛知県展望】抜けて強い中京大中京に対して至学館、享栄、愛工大名電などがどこまで抵抗するか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る