和製大砲・吉田 正尚選手のバッティング論に迫る!【前編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.22

吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー
オリックス・バファローズ 吉田 正尚選手【前編】
「自分が持っているパワーを最大限伝えることができるか?」

 オリックスが誇る強打者・吉田 正尚(敦賀気比ー青山学院大ーオリックス)。2018年から2年連続でフル出場を果たし、通算77本塁打、通算打率.315をマーク。そんな吉田がルーキー時代に明かした打撃理論を紹介していきたい。常に打撃を追求してきた吉田の考えは多くのプレイヤーに参考になるだろう。(記事掲載日:2016年10月25日)

(続きを読む)

【目次】
[1]体のパワー面で優位に立てた時期は1度もなかった
[2]吉田正尚の「トップ論」
[3]常識を疑った先に見つけたもの

【関連記事】
オリックスはT-岡田以来、高卒生え抜きの2桁本塁打到達者が不在 【ニュース - 高校野球関連】
西川龍馬(敦賀気比出身)がオープン戦第1号!細身でも飛ばせる打撃技術はまさにお手本 【ニュース - 高校野球関連】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第645回 脱玉村と部員確保 夏準優勝・丹生(福井)におかれた課題 【後編】【野球部訪問】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第645回 強豪校をはねのけ創部初の準優勝・丹生(福井) 快進撃の種火【前編】【野球部訪問】
第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第632回 福井県勢初の夏の甲子園優勝へ、技術と気持ちの強化を図る敦賀気比【後編】【野球部訪問】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第1054回 無名の高校だからこそじっくり成長できた 玉村昇悟(丹生)【前編】 【2019年インタビュー】
第1052回 奥川恭伸に刺激を受けた木下元秀(敦賀気比) 高校野球で残した後悔をプロの世界で晴らす! 【2019年インタビュー】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
木更津総合vs敦賀気比【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
誉が東邦を破り優勝!【春季愛知県大会・4日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る