トルネードで時代を沸かせた島袋洋奨が明かした、連覇への軌跡

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.16

▲島袋洋奨氏

■高校野球ドットコム 独占インタビュー
第133回 中央大学 島袋 洋奨 選手(興南高出身)
  

 トルネード投法で一世を風靡し、興南の春夏連覇に大きく貢献した島袋 洋奨氏。世代を代表する投手として高校時代は大活躍したが、この成果の裏側には何があったのか。島袋氏が明かす、甲子園のエピソードをもう一度紹介したい。(記事掲載日:2013年3月3日)

(続きを読む)

【目次】
[1]選抜優勝前の苦しみと、気付き
[2]甲子園で勝つための練習
[3]日本一のピッチャーになるには?

関連記事
◆他のインタビューを読む
◆後輩・五十幡亮汰に迫る⇒6年ぶり坊っちゃんスタジアムで超韋駄天が示したバッティング
◆島袋、宮城らが取り組んできた興南の伝統に迫る⇒秘密は「興南アップ」にあり

【関連記事】
戦国東都一部が開幕!1年生は15人がベンチ入り!最多は東洋大、中央大の4人! 【ニュース - 高校野球関連】
石川昂、石垣、石橋、根尾、岡林などワクワク感満載の22歳以下の中日の若手野手たち 【ニュース - 高校野球関連】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
東海大vs中央大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
島袋 洋奨(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
令和最初の選抜行進曲は昨年レコード大賞のパプリカに決定!!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る