名門・武蔵府中シニアを引っ張った総合力高き右腕・安藤岳 今春からは高校野球の名門へ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.13

安藤岳(武蔵府中シニア)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー
名門の総合力高き右腕・安藤岳(武蔵府中シニア) 悩みぬいた期間を大きな糧に

 2010年からの9年間で10名のプロ野球選手が誕生した武蔵府中シニア。全国選抜野球大会、日本選手権、ジャイアンツカップの3つの全国大会すべてで優勝を飾るなど、名門として名を馳せている。

 そんな武蔵府中シニアで、4番でありWエースの一角を担っていたのが安藤岳だ。直球は130キロ台後半を記録し、変化球のコマンド能力の高さも見せるなど総合力の高い投球が持ち味だ。 今回は9月に行ったインタビューから、安藤に武蔵府中シニアでの中学野球生活を振り返っていただいた。

(続きを読む)

【目次】
[1]山村崇嘉の姿から多くのことを学ぶ
[2]直球も変化球もレベルが高く、試合を作れるピッチャーに

【関連記事】
10年間でプロ選手10名輩出 武蔵府中シニア出身のプロ野球選手の活躍 【ニュース - 中学野球関連】
9年間でプロ野球選手10名輩出!リトルシニアの名門・武蔵府中シニアに訪問! 【ニュース - コラム】
第26回 選手の未来と地元・府中への貢献を重んじる西東京の名門・武蔵府中シニア【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1051回 名門の総合力高き右腕・安藤岳(武蔵府中シニア) 悩みぬいた期間を大きな糧に 【ネクスト球児インタビュー2019年】

コメントを投稿する

前の記事:
秋山翔吾がレッズへ移籍、母校・横浜創学館高校OBは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る