140キロ越えの直球とフォークが最大の武器!宮里優吾(岩倉)が歩んできた3年間とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.06

宮里優吾(岩倉)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
宮里優吾(岩倉)最速148キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】

 昨秋の東京都大会はベスト8。そして夏の大会では東東京ベスト16に進出した岩倉。そのチームを牽引してきたのが宮里 優吾だ。
 最速147キロをマークするストレートに落差のあるフォークを武器に並み居る強打者に挑んでいった宮里。東京選抜にも選ばれた都内屈指の剛腕に話を伺い、3年間を振り返ってもらった。(記事を読む)

【目次】
[1]食事に苦戦した中学時代
[2]高校2年生までは結果を残せず、苦戦を強いられた

【関連記事】
岩倉高時代には紫紺の優勝旗返還も経験 後尾和男社長(新灯印刷株式会社)が語る高校野球に打ち込む意味 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 甲子園という強固な理念があるからこそ「もっとやれた高校野球」 岩倉高校OB・後尾和男社長(新灯印刷株式会社)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
野球が出来る喜びを感じて!岩倉vs専修大附の試合を徹底レポート!【練習試合】 【ニュース - 高校野球関連】
岩倉vs専修大附【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第115回 「最後まで競い合う」岩倉は、夏の甲子園へ向かう戦いと同じ意識で戦える覚悟を個々に確認【高校野球コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉vs東京学芸大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立高島vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
日体大荏原vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
岩倉vs東洋【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
宮里 優吾(岩倉) 【選手名鑑】
岩倉 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
星稜・内山、東海大相模・山村など今年の選抜には2017U-15日本代表経験者が16名出場!!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る