吉田 輝星とも対戦!?侍ジャパン女子代表U-18マドンナジャパン・工藤 里菜(神戸弘陵学園)の3年間

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.09

工藤 里菜(神戸弘陵学園3年)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
「日本代表」の喜びを力に変えて 侍ジャパン女子代表U-18マドンナジャパン 工藤 里菜(神戸弘陵学園3年・三塁手)

 今年11月9日から中国・広東省中山市で開催される「第2回BFA女子野球アジアカップ」に参戦する侍ジャパン女子代表。前回大会に続き「U-18マドンナジャパン」として編成される今大会代表では、20名の高校生がアジア女子野球の頂点を目指していく。
 その中でもひときわ輝きを放っているのが身長171センチの大型三塁手・工藤 里菜さん(神戸弘陵<兵庫>3年)。秋田・八郎潟町立八郎潟中時代は吉田 輝星投手(潟上市立天王中~金足農~北海道日本ハムファイターズ)とも対戦した経験を持ち、主将として「全国高等学校女子硬式野球選抜大会」2連覇にも貢献した彼女へ、9月8日(日)の西日本合宿終了直後に話をうかがった。(記事を読む)

【関連記事】
第1033回 「日本代表」の喜びを力に変えて 侍ジャパン女子代表U-18マドンナジャパン 工藤 里菜(神戸弘陵学園3年・三塁手) 【2019年インタビュー】
4強出揃う!明石商は11得点で快勝し、準決勝で神戸国際大付と再戦!【23日の結果 秋季兵庫県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
兵庫のベスト16が確定!明石商や神戸国際大付が順当に勝ち上がる 【ニュース - 高校野球関連】
神戸弘陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
春日部共栄、川口市立が接戦を制する!地区予選2試合を徹底レポート!【埼玉大会】
次の記事:
【前編】東洋大の期待の大砲・山田知輝の打者転向のきっかけと幼少期の取り組みとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る