【前編】193センチ103キロの大器・赤塚 健利(中京学院大中京)の成長ストーリー

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.14

赤塚 健利(中京学院大中京)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
規格外のスケールを誇る剛腕・赤塚 健利(中京学院大中京)の能力を引き出した「2つの教え」【前編】

 今年のプロ志望届を提出した投手の中で、スケールの大きさでいえば、中京学院大中京赤塚 健利だろう。193センチ103キロの規格外の体格から投げ込むストレートの最速は148キロ。今は高校生でも赤塚と同じく140キロ後半の速球を投げる投手は多くなったが、赤塚の角度のあるストレートは他の投手にはない大きな武器だ。甲子園では4試合を8イニングを投げ、4失点の力投。成績以上にインパクトのあるピッチングが印象に残った高校野球ファンも多い。そんな赤塚の成長ストーリーをお届けしたい。(記事を読む)

【目次】
[1]中学生では既に身長は180センチ台。サッカー部、バスケ部からの誘いも
[2]飛躍のきっかけとなった「トルネード投法」と「腕を振らない感覚で投げる」

【関連記事】
巻き返しはここからだ!プロ入り目指して再スタートを切る、17人の逸材を紹介! 【ニュース - コラム】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
西日本の名門校も逸材が豊富!2003年世代の新2年生注目バッターを紹介! 【ニュース - コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
履正社vs中京学院大中京【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs東海大相模【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
巨人の高卒ドラ1野手の半分がタイトルホルダーに!岡本和真は続けるか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る