石川昂弥(東邦)が今、振り返る最後の夏 そして代表への長い準備【前編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.08

石川昂弥(東邦)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】

 今年のドラフト候補に挙がる高校生は佐々木 朗希奥川 恭伸をはじめとした投手のほうが脚光を浴びるが、野手でナンバーワンの評価を受けるのは、東邦の石川 昂弥だ。高校3年間で積み上げた本塁打は55本。そのうち甲子園では3本塁打、ワールドカップでは1本塁打と大舞台で強さを発揮するスラッガーだ。

 石川に大会の活躍を振り返りながら当時の胸中に迫った。(記事を読む)

【目次】
[1]厳しいマークばかりで甘い球をしとめるのに苦労した
[2]150キロ近い速球を打ち続けて木製バットに順応した

【関連記事】
愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった! 【ニュース - コラム】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
千葉日大一vs東邦大東邦【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
東邦vs習志野 2【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs習志野【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs明石商【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「見て盗む」。それが基本 松井 稼頭央が語ったPL学園の練習スタイル
次の記事:
大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河のこれまでの歩みに迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る