「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠一心(オール住之江ヤング)の未来図

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.14

小畠一心(オール住之江ヤング)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】

 中学野球のトップレベルの選手が集まるU-15侍JAPAN。昨年の8月にパナマで開催された、WBSC U-15 ワールドカップでは惜しくも4位という結果に終わったが、中学野球最高峰の選手たちが日本代表の名に恥じないプレーを披露した。

 その中で主に5番打者として活躍し、高い身体能力を見せつけたのがオール住之江ヤングの小畠 一心だ。185センチ80キロと、中学生離れした屈強な体格を武器にパワフルな打撃を見せ、オール住之江ヤングでは投手としても、140キロを超えるストレートを武器にチームを牽引した。
 後編の今回は、U-15日本代表の経験から得たものや将来の目標について迫っていく。(記事を読む)

【目次】
[1]選ばれると思っていなかったU-15日本代表
[2]二刀流で勝負できる環境を求めて進路を選択

【関連記事】
大阪桐蔭が5回コールド発進!【大阪秋季大会予選】 【ニュース - 高校野球関連】
2013年の松井裕樹世代はプロ選手豊作の年!過去8年のU18メンバーのプロ入りリストから分かること 【ニュース - 高校野球関連】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
小畠 一心(智辯学園) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
和歌山東、智辯和歌山を破り決勝進出!【和歌山県新人戦・10日の結果】
次の記事:
世界の高校球児に聞いた!大谷翔平選手についてどう思いますか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る