マリオ下北沢店 店長・澤木勇太郎さんが語る野球用品販売の醍醐味とは?【前編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.04.06

高校通算34本塁打を誇る野村健太(山梨学院)

■高校野球ドットコム インタビュー NEW!!
原点は「野球が好き」という気持ち マリオ下北沢店 店長・澤木勇太郎さん【前編】

 東京・下北沢にあるスポーツ店、マリオ下北沢店。野球専門店として親しまれている同店には、生粋の「野球好き」が毎日のように訪れている。そんな、マリオ下北沢店の店長を務めているのが澤木勇太郎さんだ。
 今回は、澤木さんにお話を伺い、マリオで働く醍醐味やグラブ選びのポイント、そして近年、一流のメジャーリーガーたちがこぞって手にする、ウイルソンのグラブ「DUAL(デュアル)」の魅力についても語っていただいた。(記事を読む)

【目次】
[1]「単純に野球用品が好きだった」販売という仕事を選択
[2]球児とのコミュニケーションが大きな醍醐味

【関連記事】
マリオ下北沢店 店長・澤木勇太郎さんが解説!なぜ「デュアル」を使う一流メジャーリーガーが多いのか?【後編】 【ニュース - インタビュー】
第891回 ベースボールマリオ店長・澤木勇太郎さんが語るウイルソン「デュアル」の魅力【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 原点は「野球が好き」という気持ち ベースボールマリオ店長・澤木勇太郎さん【前編】 【2019年インタビュー】
【本日締め切り!!】ウイルソンのグラブが当たるキャンペーン第2弾! 【ニュース - プレゼント】
第7回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【後編】 野球も用具も、常に「挑戦」【特別企画】
第6回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【前編】 切磋琢磨で創る「プロフェッショナル」のグラブ【特別企画】
第5回 守備がもっと楽しくなる!「デュアルテクノロジーグラブ」にかけた2人の思い 【連載Vol.03】【特別企画】
第4回 「デュアルテクノロジーグラブ」が守備率10割に近づいた理由 【連載Vol.02】【特別企画】
第3回 守備率10割に近づく「デュアルテクノロジーグラブ」開発秘話 【連載Vol.01】【特別企画】

コメントを投稿する

前の記事:
大阪桐蔭、作新学院、木更津総合が登場!高校野球フェアの詳細決定!
次の記事:
両校に収穫アリ!海津明誠と横須賀の練習試合を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る