川瀬晃(ソフトバンク)の弟・川瀬堅斗(1年・大分商)も大物投手!目指すは日本一の投手

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.07.08

川瀬堅斗(大分商)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
大分商のスーパー1年生・川瀬堅斗は「野球の天才」 目指すは日本一の投手

 大分商の川瀬と言えば、2015年にソフトバンクに入団した川瀬 晃を思い出す人もいるかも知れない。ただ、今日からはその弟である川瀬 堅斗(1年)を覚えて欲しい。晃は完成度の高い打撃フォームから安打を連発し、軽快な守備をウリとするショートストップだったが、弟の堅斗は185cm 78kgのがっしりした体格から投げ下ろす球はすでに140キロ近く計測する。渡辺正雄監督は川瀬を「野球の天才」と評する。

 そんな川瀬の目標は「日本一の投手」。
 日本一の投手を目指すことについて川瀬は「一番努力をして、一番苦労をしないとたどり着けない場所です」と話す。
 川瀬が日本一の投手にたどり着くためにどのような成長曲線を描いているのか、紐解いていく。

(記事を読む)

【関連記事】
秋季大会の組み合わせ決定!甲子園出場の藤蔭は情報科学と初戦!【第134回 大分県高等学校野球選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
源田壮亮(西武) 巧みな守備の裏にあった信念とは?高校時代の恩師が語る! 【ニュース - コラム】
第58回 源田壮亮「自分の長所を知り伸ばし続けた守備の道」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第507回 感謝の気持ちこそが全ての土台!渡辺正雄監督・人間としての魅力に迫る! 大分商【後編】【野球部訪問】
第506回 「可愛がられる」人になれ!?シンプルだからこそ大事にしたい人間性を磨く重要性 大分商【中編】【野球部訪問】
第503回 先輩たちの背中こそが道しるべ!目標設定とアプローチを大事する大分商【前編】【野球部訪問】
第728回 大分商のスーパー1年生・川瀬堅斗は「野球の天才」 目指すは日本一の投手 【2018年インタビュー】
第727回 古江空知(大分商)5年ぶりの甲子園出場へ。目指すは「全試合完封」 【2018年インタビュー】
第725回 今年も大分商のショートストップは要注目。森下颯太(大分商)が大事にする「守備のこだわり」 【2018年インタビュー】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
福岡大大濠vs大分商【2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会】
中京vs大分【第98回全国高等学校野球選手権大会】
大分vs秀岳館【2016年春の大会 第138回九州地区高等学校野球大会】
日本文理vs大分【第96回全国高校野球選手権大会】
東福岡vs大分【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
川瀬 堅斗(大分商) 【選手名鑑】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
森 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
北埼玉大会の組み合わせが決定!花咲徳栄は桶川西と初戦を迎える!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る