中川 虎大(箕島)「投手歴はわずか2年半!伸び代十分な最速149キロ右腕」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.10.26

中川 虎大(箕島)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
中川 虎大(箕島)「投手歴はわずか2年半!伸び代十分な最速149キロ右腕」

 高校で投手に転向し、わずか2年半で150キロ近いストレートを投げ込むまでになった素材型の投手。制球面に不安を残し最後の夏は背番号10で迎えたが、ストレートの質は引退後にさらに良くなっているという。伸び代十分な投手歴2年半の右腕が運命の日を待つ。(記事を読む)

【目次】
[1]自ら志望した投手への転向
[2]2年生のトレーニング後から一気に伸びた
[3]ドラフトを直前に控えて

【関連記事】
PL学園、大阪桐蔭、報徳学園など擁する近畿地区が最多26回優勝!各地区の優勝回数を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
ヤクルト川端慎吾ら意外に多い和歌山県の高校出身者たち 【ニュース - 高校野球関連】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
日高中津vs箕島【和歌山県 2019年秋季大会 和歌山県下高校野球  新人戦】
智辯和歌山vs箕島【和歌山県 2018年夏の大会 第100回選手権和歌山大会】
日高中津vs箕島【和歌山県 2015年春季大会 平成27年度春季和歌山県大会】
奈良大附vs箕島【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
箕島vs津名【2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
中川 虎大(箕島) 【選手名鑑】
箕島 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」
次の記事:
ドラ1候補・安田尚憲(履正社)が語るホームラン論!「振ってから回す」とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る