準硬式野球出身選手が硬式野球で活躍するポイントとは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.11.24

小平 凌選手(徳島インディゴソックス)

■特別コラム NEW!!
準硬式野球出身選手が硬式野球で活躍するポイントとは?

 今年のドラフトでは例年以上に異色の野球経歴を持つ選手が数多く指名された。中でも変わり種は東北楽天ゴールデンイーグルスから6巡目指名を受けた鶴田 圭祐投手。藤井学園寒川高では硬式野球部に所属し、1年秋に投手から野手へ転向。帝京大学進学後は準硬式野球の世界で投手に復帰し、最速149キロをマーク。来季からは5年ぶりに硬式ボールを握り、日本最高峰の舞台に挑むこととなった。

 では、鶴田選手をはじめとする「準硬式野球」の選手が「硬式野球」へ順応するポイントはどこにあるのだろうか?実際に体験した選手の例も追いながら考えていきたい。(インタビューを読む)

【目次】
[1]「準硬式野球」を経験することによるメリット・デメリット
[2]鶴田選手の「正しい選択」。過去の成功者を追い、大きく羽ばたけ!

【関連記事】
小松vs藤井学園寒川【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
キーワードは準決勝までの「勢い」と「経験値」 秋季四国大会を徹底展望! 【ニュース - コラム】
第1029回 【秋季四国大会展望】キーワードは準決勝までの「勢い」と「経験値」【大会展望・総括コラム】
大学野球の首都大学リーグは春季リーグ戦中止 【ニュース - 高校野球関連】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
藤井学園寒川vs丸亀城西【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第823回 秋季香川県大会総括 着実に実を結ぶ「オール香川」強化・振興策【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
藤井学園寒川vs飯山【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
大阪桐蔭vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・春】
藤井学園寒川 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
松坂2世・髙田萌生が1軍キャンプスタート。新天地で覚醒となるか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る