早稲田実業打線をゼロに抑えた大会ナンバーワン右腕・竹田祐の渾身のストレート

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.11.16

竹田祐(履正社)

■高校野球ドットコム 神宮大会特別インタビュー NEW!!
早稲田実業打線をゼロに抑えた大会ナンバーワン右腕・竹田祐の渾身のストレート

 この秋の話題の中心は早稲田実業だった。その早稲田実業を止めたのが履正社のエース・竹田 祐だった。神宮大会決勝戦の3回裏、4対6の2点ビハインドの場面で登板した竹田は1番野田 優人を空振り三振に打ち取ると、チームが逆転した後は落ち着いた投球を見せて、早実の主砲・清宮 幸太郎を打ち取り、見事に神宮大会優勝投手となった。今大会20.1回を投げてわずか1失点と抜群の安定感を見せ、名実ともに大会ナンバーワンピッチャーとなった竹田の「真っ直ぐ」へのこだわり、そして注目の清宮との対戦に迫る。(インタビューを読む)

【関連記事】
都立勢が光った東西東京大会を総括! 【ニュース - コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」【ドラフト特集】
山下航汰は3年連続決勝敗退の悔しさをプロで果たせるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」【ドラフト特集】
八王子vs早稲田実業【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs早大学院【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
日大三vs早稲田実業【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs関東一【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第683回 雪山幹太(早稲田実業)「135キロでも詰まらせるストレートへのこだわり」 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs國學院久我山【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第672回 野村大樹(早稲田実業) 「ライバルによって掻き立てられた甲子園への想い」 【2018年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【秋季大阪府予選】大阪桐蔭vs履正社の強豪校同士の試合結果は!?大阪大会準決勝2試合を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る